Vulfpeck

It Gets Funkier IV (feat. Louis Cole)

Vulfpeck / It Gets Funkier IV (feat. Louis Cole)
LA発、ミニマル・ファンク界における夢のコラボが実現! 新たな地平を切り開く、高速アンサンブル

LAのミニマル・ファンク・バンドであるVulfpeck(ヴルフペック)が、今年12月7日(金)に待望のニュー・アルバム『Hill Climber』をリリースすることを発表しました。

ゲストには長年コラボレーターを務めているCory Wong、Joey Dosik、Antwaun Stanleyといった“Vulfmen”に加えて、Monica Martin、Mike Violaといった新しい面々も参加している模様です。いくつか先行公開されているシングルの中から、今回はLouis Coleをフィーチャーしたこちらをピックアップ。

Louis Coleといえば、Knowerの片割れとしても知られるマルチプレイヤー。今年リリースされた最新ソロ作『Time』も記憶に新しいところ。

Vulfpeckとのコラボは度々ライブを通じて重ねており、現行ファンクにおいて圧倒的なスキルを持ち合わせている両者の共演が、お馴染みのスタジオでようやく実現しました。

さらに、本楽曲は1stアルバムから続く「It Gets Funkier」シリーズの4作目であり、これまでにリリースされたアレンジと比べて一気に加速させたBPMに、7人編成による高速ファンクの応酬が限界突破した、変態的なアンサンブルが繰り広げられています。まるで、The Fearless Flyersから続くミニマル・ファンクの極みのような印象を感じさせ、Jack Strattonのイキっぷりからもわかる通り、遊び心でもってファンクの新たな地平を切り開いているかのような探究心も垣間見えます。

近年のVulfpeckといえば、James Gadson、Michael Bland、Nate Smithといった謎コネのレジェンド級ドラマーとのコラボが続いており、プレイスタイルにあわせてポップにもスキルフルにも振り切れる器用さには舌を巻くばかり。また、例によって今作もクラウドファンディング・プラットフォーム「QRATES(クレイツ)」を通じたヴァイナル・リリースを準備中。予約期限が残りわずかに迫っているため、気になるリスナーはお忘れなく。

そしてバンドの初来日を願って、引き続きラブコールを送っていきたいと思います。


【リリース情報】

Vulfpeck 『Hill Climber』
Release Date:2018.12.07 (Fri.)
Label:Vulf Records
Tracklist:
1. Half of the Way (feat. Theo Katzman)
Darwin Derby (feat. Theo Katzman & Antwaun Stanley)

2. Lonely Town (feat. Theo Katzman)

3. Love is a Beautiful Thing (feat. Theo Katzman & Monica Martin)

4. For Survival (feat. Mike Viola)
5. Soft Parade
6
. Lost My Treble Long Ago

7. Disco Ulysses (Instrumental)

8. The Cup Stacker

9. It Gets Funkier IV (feat. Louis Cole)

OFFICIAL SITE / Facebook / Twitter / Instagram / bandcamp / Spotify / Apple Music

Takato Ishikawa

Curator & Interviewer

Takato Ishikawa

会社員。ブラック・ミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Spotifyでも発信しています。(https://goo.gl/kn4hei)