Spazzkid

Daytime Disco (feat. Neon Bunny)

Spazzkid / Daytime Disco (feat. Neon Bunny)
タイトル通りチルアウトしたい白昼に最適な、とろけるような極上のシンセ・ポップ!

以前も取り上げたことのある、日本人トラックメイカーとも深い親交を持つフィリピン出身LA在住のトラックメイカー/プロデューサーのSpazzkid(スパズキッド)の新曲が、なんとCascineからリリースされます!

CascineはロンドンとNYという遠くはなれた2つの都市に拠点を置く気鋭のインディ・レーベルで、2010年の創設当初はチルウェイヴの勃興の波に乗っていたものの、めまぐるしく変わる時代の変化にも柔軟に対応し、現在に至るまでクオリティの高い作品を多数リリースし続けております。

一方Spazzkidは昨年リリースしたEP『Desire 願う』や、そのリミックス盤『Desire (願う) – R E M I X E S』で大きな話題を呼んだことも記憶に新しいです。
後者には今年マルチネの“東京”で初来日したbo enSaint Pepsiといったネット・シーンにおける出世株、そして日本からはParkgolfmus​.​hibaなどが参加しております。

日本のThis Time Recordsからのリリースも話題となった韓国のシンセ・ポップ女子、Neon Bunny(ネオン・バニー)を招いたこの新曲は、Spazzkidの十八番とも言える浮遊感のあるとろけるようなシンセ・リフとNeon Bunnyの滑らかなボーカルが特徴的なチルアウトした一曲。
どこかスウェーデンのSincerely Yours界隈とも近しい雰囲気も感じさせます。

また、今年SpazzkidがリリースしたEP『Promise』に収録されている、Kero Kero BonitoSarah Bonitoを招いた楽曲もご紹介。
こちら、超名曲ながら紹介するタイミングを逃してしまったとことを個人的に後悔していたり……。

ちなみに同作のリミックス盤『Promise Remixes Pt. 1』にはParkgolfが引き続き参加しただけでなく、tofubeatsもリミキサーとして参加し、注目を浴びました。

日本の渋谷、原宿などを舞台に撮影されたこのMVに主演しているのはAyumi Yokoyamaという女性だそうです。

==

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes