SiK-K, pH-1, Jay Park

iffy (prod by. GroovyRoom)

SiK-K, pH-1, Jay Park / iffy (prod by. GroovyRoom)
〈H1GHR MUSIC〉から豪華な面々が集結した傑作! 秋の夜長にチルしたい一曲です

韓国のモバイル・メディア「Dingo」のヒップホップ・カルチャーを扱うサブ・チャンネル「Dingo Freestyle」より、「iffy (prod by. GroovyRoom)」のMVが9月16日に公開されました。

本作は、Jay Parkこと박재범(パク・ジェボム)とCha Cha Maloneが主宰するレーベル〈H1GHR MUSIC RECORDS〉と、先述の「Dingo Freestyle」によるコラボ・プロジェクト。〈H1GHR MUSIC RECORDS〉から豪華な面々が揃っており、プロデュースを手掛けるふたり組、GroovyRoomはSiK-Kのクルー〈Yelows Mob〉のメンバーでもあります。

イントロから印象的なコロコロとした洒脱なサウンドがチルな雰囲気を演出しており、流麗なフロウとキャッチーなフックがそこに華を添えています。
また、「iffy」というロゴ・ステッカーと、謎の紙袋での出演のJay Parkが印象的なMVは、Puberty.88という元DIGIPEDIのデザイナーがディレクターを務めています。ちなみに、DIGIPEDIはHeizeの「Shut Up & Groove (Feat. DEAN)」のMVなどを手がけている映像制作チームです。

さらにSiK-KはソロでのEPリリースも決定しており、同作から「내일 모레(Get that Money)」のMVが公開されているのでこちらも貼っておきます。プロデューサーは以前にもSiK-Kのアルバム『H.A.L.F (Have.A.Little.Fun)』に参加していたBOYCOLD。こちらはリヴァーブの深くかかったメロウな一曲に仕上がっております。

ここのところハイペースで活動中のSiK-K。前作のアルバムがかなり良かっただけに、来る新作EPがどんなものになるか楽しみです。

Yuma Yamada

Curator & Interviewer

Yuma Yamada

クラブ・ミュージックや日本のインディ・ロック周辺を聴いています。DJは練習中です。

RANKING