Omoinotake

Stand Alone

Omoinotake / Stand Alone
艷やかなボーカルと息の合ったコーラス・ワークの美しさ際立つ作品に。OmoinotakeがMusic Bar Sessionに登場!

島根県出身、現在は東京で活動中の藤井レオ(Vo./Key.)、エモアキこと福島智朗(Ba.)、ドラゲこと冨田洋之進(Dr.)の3人で構成されるギター・レス、ピアノ・トリオ・バンド、OmoinotakeがTOKYO SOUNDSのMusic Bar Sessionに登場した。

演奏するのは、10月10日(水)にリリースしたばかりの2ndミニ・アルバム『Street Light』のリード曲「Stand Alone」。アーバン・メロウなサウンドと、藤井レオによるハイトーン・ボイス、そして息の合ったコーラス・ワークは、バイノーラル録音によってその魅力を余すことなく伝えてくれる。

また、本音と建前という誰しもが持つ自分自身の二面性を表現した歌詞の世界観とも合ったライティングにも注目して聴いて頂きたい。

(Text by Rinjun)


【リリース情報】

Omoinotake 『Street Light』
Release Date:2018.10.10 (Wed.)
Label:NEON RECORDS
Cat.No.:NECR-1017
Price:¥1,800 (+tax)
Tracklist:
1. Stand Alone
2. Never Let You Go
3. Still
4. Temptation
5. Bitter Sweet
6. Friction

Omoinotake オフィシャル・サイト


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

=======================================
①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/
=======================================

TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/