Nothing

Curse Of The Sun

Nothing / Curse Of The Sun
今年5月リリースの新作がわずか1週間で5000枚以上のPre-Orderを記録したNothingが新MVを公開!

今年5月に〈Relapse Records〉から2nd Album 『Tired Of Tomorrow』をリリースし、好調なセールスを記録しているアメリカ、フィラデルフィア出身のオルタナティブ/シューゲーズ・バンド、Nothingが同アルバムの収録曲「Curse Of The Sun」のMVを公開しました。このMVは5月に本国アメリカで行われたツアーの映像が使われています。

重く、ダークなサウンドかつ繊細なギター・リフと気怠さ全開のボーカルは独特なグランジ感を生み出し、NirvanaやSmashing Pumpkins好きはもちろんのこと、Death Cab For Cutie辺りのインディー・ロック好き、Sense Field辺りのエモ好きにもハマる楽曲でしょう。

個人的には前作に引き続き、ヘヴィー・サウンドのバンドが多数所属することで有名な〈Relapse Records〉からのリリースという所も注目したいところです。

90年代のエモを代表するバンドであるSense FieldやTexas Is The Reasonがハードコアの名門である〈Revelation Records〉に所属していたように、ジャンルを超えたレーベル・人の繋がりがNothingにも感じられてグッときます⋯

こちらも『Tired Of Tomorrow』収録の楽曲。洗練されたディストーション・サウンド全開で、特に終盤の展開が鳥肌ものです。

今年リリースの本作はTitle FightやCitizen、そして先日〈Flake Records〉主催により初の来日を果たしたPity Sexの新譜を手掛け、USインディー・ロック界で名の知れるWill Yipプロデュース。(Will Yip監修のもと、過去にプロデュースしたバンドを集めてコンピレーション・アルバムを作ってしまうほど⋯)

今年のベスト・リリースに挙げる声も多数で、日本盤は〈Ice Grill$〉からリリースされています。セールス次第では来日も期待出来そうです!


nothing4

Nothing 『Tired Of Tomorrow』
Release Date:2016.05.13
Label:Relapse Records / Ice Grill$
Cat.No.:IG-074
Price:¥1,944 (Tax Included)
Tracklist:
1. Fever Queen
2. The Dead Are Dumb
3. Vertigo Flowers
4. ACD (Abcessive Compulsive Disorder)
5. Nineteen Ninety Heaven
6. Curse Of The Sun
7. Eaten By Worms
8. Everyone Is Happy
9. Our Plague
10. Tired Of Tomorrow
11. The Heavenly Blue Flu *
12. Tic Tac Toe *

* Bonus Tracks

■Relapse Records:https://store.relapse.com/b/nothing

■Ice Grill$:http://www.icegrillsnerds.com/?pid=100722642

Yuya Tamura

Curator

Yuya Tamura

I'm punk nerd. USインディー、エモが主戦場、ベースはポップ・パンクとハード・ア。 Webの仕事をしていますが音楽はアナログ派、現場主義です。