水曜日のカンパネラ、映画『猫は抱くもの』で初の劇伴担当 擬人化猫キャストも一挙発表

水曜日のカンパネラが映画『猫は抱くもの』で初の劇伴を担当することが発表された。

本作は『ヘルタースケルター』(2012)以来6年ぶりとなる沢尻エリカが主演を務め、若手演技派俳優の吉沢亮ら出演、犬童一心監督がメガホンをとる作品。6月23日(土)に新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町他にて全国公開となる。

今回の発表は、本日2月22日(木)、“猫の日”(にゃんにゃんにゃん)にちなんでのもの。本作では水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じ、銀幕デビューを果たす。

劇中歌「キイロのうた」は、コムアイ本人が作詞を行っており、「劇中歌は、登場人物と観客が、それぞれの固執しているものをそっと手放せるように、と思って書きました」と語っている。さらに、コムアイの声で劇中の“効果音”を作るなど、作品づくりに精力的に携わった。

併せて、第3弾キャストとして擬人化した猫を演じる“猫キャスト”も一挙解禁。
老猫を演じるのは、近年でも『東京喰種トーキョーグール』や『22年目の告白 -私が殺人犯です-』などで、印象的な役柄を演じた実力派俳優岩松了はじめ、人気番組『水曜どうでしょう』では“ヒゲ”という愛称で親しまれていた、ディレクターの藤村忠寿(サビ猫)、内田健司(サバトラ猫)、久場雄太(黒猫)、今井久美子(茶ブチ猫)、小林涼子(キジトラ猫)、化粧品ブランド「オペラ」の広告キャラクターとして注目される林田岬優(黒白ブチ猫)、木下愛華(ヒョウ柄猫)、蒔田彩珠(縞三毛猫)と、個性的なキャストが揃った。


【映画情報】

『猫は抱くもの』
公開日時:2018年6月23日(土)全国公開
監督:犬童一心(『グーグーだって猫である』、『ジョゼと虎と魚たち』)
脚本:高田亮(『そこのみにて光輝く』、『オーバーフェンス』)
原作:『猫は抱くもの』(大山淳子著・キノブックス刊)
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ(水曜日のカンパネラ)/岩松了
制作:ADKアーツ
企画・配給:キノフィルムズ
c2018 『猫は抱くもの』製作委員会

[STORY]
主人公の沙織(沢尻エリカ)は、とある地方都市のスーパーマーケットで働くアラサ―女性。かつてはアイドルグループ「サニーズ」のメンバーとして芸能界で活動していたが、歌手としては芽が出ず、すべてに嫌気が差して都会から逃げてきた。今の自分を好きになれず、周囲ともうまく馴染めない彼女にとって、心を許せる唯一の存在は、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫「良男」(吉沢亮)。嬉しかったこと、哀しかったこと、腹が立ったこと…。すべてを受け止めてくれる「良男」に向かって、沙織は日々、正直な気持ちを語りかける。そして「良男」は、いつしか自分を人間だと信じ込み、恋人として沙織を守らねばと思い始める。そうやって過ごしてきた、こじらせた1人と1匹の日常にも、変化が訪れて…。

■『猫は抱くもの』オフィシャル・サイト:nekodaku.jp