バレーボウイズ、4曲入りのカセット作品を3月にリリース 渋谷WWWとの共同企画も

京都を拠点に活動している7人組バンド、バレーボウイズが3月14日(水)にカセットテープ『卒業/ひがしのまち』をリリースすることが決定した。

バレーボウイズは前田流星(Vo.)とネギ(Vo./Gt.)を中心に結成された男女混声7人組バンド。2017年に“TOKYO BIG UP!”でグランプリを獲得後、同年夏には“FUJI ROCK FESTIVAL 2017”にROOKIE A GO-GO枠で初出演を果たした。今年の1月に始まった東名阪ツアー“ブルーハワイツアー”よりサポート・ドラマーのタケちゃん(武田啓希)を迎え、新生バレーボウイズとして新たなスタートを切っている。

今回リリースされることになったカセットテープ作品『卒業/ひがしのまち』は、環境の変わる中で葛藤する若者の心情を描いた「卒業」、「ひがしのまち」を含む全4曲入り。

さらに、本作のリリースを記念して、渋谷WWWとの共同企画“金曜演奏会~ひがしのまち合唱~”を5月18日(金)に開催することも発表された。イベントの詳しい内容は後日解禁されるとのこと。


【リリース情報】


バレーボウイズ 『卒業/ひがしのまち』
Release Date:2018.03.14 (Wed.)
Label:Volleyboys Club
Cat.No.:VC-007
Price:¥1000 + Tax
Tracklist:
[WEST SIDE]
1.卒業
2.もしかしたら (チャッキーのバイト先ver.)
[EAST SIDE]
1.ひがしのまち
2.ミラーボウル

※カセットテープ + ダウンロード・コード
※取り扱い店舗は後日発表


【イベント情報】

「卒業/ひがしのまち」発売記念“金曜演奏会~ひがしのまちの合唱~”
日時:2018年5月18日(金) OPEN / START 18:30
会場:渋谷WWW
前売:¥2,800

※出演者は後日発表

[INFO]
渋谷WWW 03-5458-7685

■バレーボウイズ オフィシャル・サイト:http://volleyboys.kyoto/

RANKING