Utena Kobayashiによるコンセプト作品第2弾『Darkest Era』リリース決定 テーマは“悲しみ”

Utena Kobayashiが第2弾コンセプト作品『Darkest Era』を11月20日(金)にリリースすることが発表された。

3ヶ月連続リリースを発表しているUtena Kobayashi。年明けに予定しているアルバムの発表を持って、物語の全体像が見えるコンセプト作品となっている。物語全体を彷彿させる世界観のオフィシャルWEBサイトも本日リニューアルされた。

『Darkest Era』は女神を失った世界で巻き起こる“悲しみ”をテーマに、3つの物語を展開。チェロの演奏ではD.A.N.のJinya Ichikawaが参加している。

また、10月16日(金)にリリースされた第1弾EP『Fenghuang』(読み:ファンホアン)より、「HIHIHI」のリリック・ビデオも公開。同EPは“飽和から再生”をテーマに制作された3曲を収録している。

「HIHIHI」 STORY

彼女は眠りにつく場所を探す

木々たちは彼女を導く光を注ぐ

あたり一面は金色に包まれ

彼女は深い眠りとともに光の一部となる

Fenghuangに愛をこめて


【リリース情報】

Utena Kobayashi 『Darkest Era』
Release Date:2020.11.20 (Fri.)
Label:BINDIVIDUAL / Caroline International
Tracklist:
1. The Garden of Harps
2. Blue Opera
3. Flame Dance

*M1:チェロ演奏:Jinya Ichikawa(D.A.N.)

==

Utena Kobayashi 『Fenghuang』
Release Date:2020.10.16 (Fri.)
Label:BINDIVIDUAL / Caroline International
Tracklist:
1. fai
2. roioi
3. HIHIHI

Utena Kobayashi オフィシャル・サイト