The Clash『London Calling』40周年記念展がロンドン博物館にて開催 トレイラー公開 & 記念盤のリリースも

Header Photo by Pennie Smith

The Clashが1979年にリリースした3rdアルバム『London Calling』の40周年を記念したエキシビジョンが、ロンドン博物館(Museum of London)にて11月15日から開催されることが発表された。

『The Clash: London Calling』展では、メンバーの個人的な所蔵品、歌詞の下書き、ステージ衣装、写真、映像など秘蔵コレクションを展示。アルバムのレコーディングや制作プロセスへ新たな洞察を与えるような内容になっているという。なお、『The Clash: London Calling』展は11月15日(金)から2020年春まで開催される。入場料は無料。

また、この展覧会の開催に合わせて、『The Clash/ London Calling:Scrapbook』が11月15日(金)にリリースとなることも決定。アルバム制作当時の手書きの歌詞、メモ、写真、これまで未公開だったアーカイブ素材の数々を掲載した120ページの豪華ハードカバーScrapbookにCDを収納した名盤の40周年を記念する豪華仕様盤となる。同時に通常盤2CD、2枚組アナログ盤も発売。日本盤アナログLPはソニー・ミュージックグループ一貫生産、1979年発売当時以来40年ぶりに日本プレスでの復刻となる。


【『The Clash: London Calling』 展示物(一部)】

Joe Strummerが1979年、アルバム『London Calling』のリハーサルやレコーディングが行われていた時期に使っていたノートのひとつ。のちに楽曲「London Calling」の歌詞になった「ICE AGE」の書かれたページを開いて展示される。

Paul Simononのフェンダー・プレシジョン・ベースは1979年9月21日、NYのThe Palladium公演のステージ上で、本人が完全なフラストレーションから思わず床に叩きつけ、破壊してしまったもの(その瞬間をとらえたPennie Smithの写真がアルバムのジャケットになった)。

Mick Jonesの手書きによるアルバムの曲順メモ。2枚組LPとなった『London Calling』のLP各面の曲順が書かれている。

Joe Strummerのタイプライター。多作な物書きだったStrummerは、このタイプライターを使ってアイデア、歌詞、その他の文章を記録していた。

Topper Headonのドラムスティック。彼の持ち物で当時から残っている唯一のアイテム。


【Beatrice Behlen(ロンドン博物館ファッション・装飾芸術担当シニア・キュレーター) コメント】

『London Calling』はThe Clashを定義づけるアルバムであり、ロンドンっ子や世界中の人々にとってのスローガンでもあります。伝統的なパンクから離れ、更に幅広い音楽的な影響を受け入れたこのアルバムの歌詞には当時の懸念が反映されていますが、その多くが今も現実感を持ち続けています。ロンドン博物館では、私たちの首都のストーリーを、この街に住んでいた人々の持ち物や思い出を通じて伝えています。この展示は滅多に目にすることのない個人の持ち物を展示し、『London Calling』が当時も、そして今も多くの人々にとって世代を象徴する音であるという素晴らしい逸話を伝える、まったく新しい、胸躍る鮮やかなストーリーになることでしょう。


【リリース情報】

The Clash 『London Calling:Scrapbook』
Release Date:2019.11.15 (Fri.)
Cat.No.:SICP-31301~2 (Book+CD)
Price:¥6,500 +Tax

※完全生産限定盤
※日本盤のみBSCD2

==

The Clash 『London Calling:2LP』
Release Date:2019.11.15 (Fri.)
Cat.No.:SIJP-1012~3
Price:¥5,800 + Tax

==

The Clash 『London Calling:2CD』
Release Date:2019.11.15 (Fri.)
Cat.No.:SICP-31309~10
¥3,000 + Tax

※完全生産限定盤
※日本プレス(ソニーミュージックグループ一貫生産)

The Clash 日本オフィシャル・サイト