TENDOUJI、11月リリースの新作EPは片寄明人プロデュース 収録曲「Peace Bomb」のMVも公開

TENDOUJIが11月14日(水)にリリースする新作EPの全貌が明かされた。

今年国内大型フェス“RUSH BALL”や“BAY CAMP”だけでなく、アメリカ最大級のフェス“SXSW”にも出演し、注目を集める東京インディ・シーン屈指の愛されバンド、TENDOUJI。待望の新作となる『FABBY CLUB』は、「次世代ロック研究開発室」とタッグを組んでのリリースとなり、サウンド・プロデューサーに片寄明人(GREAT3)を迎えて制作されたという。なお、バンドが外部プロデューサーを導入したのは今回が初となる。

片寄明人

M1、M2は、片寄明人はレコーディングからミックスまで全面プロデュースを行い、エンジニアには片寄の盟友であり、盟友、ドミコやcinema staffなども手がける上條雄次を起用している。

さらに、本作のリード・トラックでもあり、早くもライブの定番曲となっている「Peace Bomb」のMVも公開された。ディレクションはPERIMETRONのOSRINによるもの。


【片寄明人(GREAT3、Chocolat & Akito) コメント】

「片寄明人=リック・オケイセック説っていうのがあってね。」と次世代ロック研究開発室のスタッフに言われたのは、わずかひと月前のこと。
リック・オケイセックとは80’sヒットを連発したザ・カーズのメンバーで、ウィーザー1stのような名盤から、スーサイド、バッド・ブレインズといった尖った音まで手がける一筋縄ではいかないキャリアを誇るプロデューサー。

「自分の音を押しつけないが、関わる作品は常にオーセンティックかつポップ。でもどこか狂っている」彼の芸風と確かに共通点はあるが……と面食らいつつも、「魔法をかけて欲しい」と聴かされたのがTENDOUJIとの出逢いだった。

聞けば中学の同級生が20代の終わりに初めて組んだバンドで、キャリアは数年。しかしその荒削りな演奏に、信じ難いほど普遍的なメロディーがうごめいていた。

そして怒濤のレコーディング。結果的に魔法をかけられたのは自分だった。

こんな凄いのができるとはね。最高の奴らが奏でる最高の音楽だ。仲間に混ぜてもらえて嬉しかったよ。


【リリース情報】

TENDOUJI 『FABBY CLUB』
Release Date:2018.11.14 (Wed.)
Label:浅野企画
Cat.No.:ASNP-004
Price:¥1,600 (Tax in)
Tracklist:
1. Killing Heads
2. Something ※リード曲
3. Peace Bomb ※リード曲
4. Garden
5. SALV.

・購入者先着特典:TENDOUJIのロゴ・ステッカー
対象店舗:
TOWER RECORDS
HMV
ヴィレッジヴァンガード
FLAKE RECORDS、
HOLIDAY! RECORDS


【イベント情報】

TENDOUJI “爆発ツアー”

日時:2018年11月15日(木) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡Queblick
問合せ:AT FIELD std. 03-5712-5227
ゲスト:キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、yound

日時:2018年11月17日(土) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:京都GROWLY
問合せ:GREENS std. 06-6882-1224
ゲスト:ドミコ

日時:2018年11月18日(日) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:岡山PEPPERLAND
問合せ:AT FIELD std. 03-5712-5227
ゲスト:ドミコ

日時:2018年11月30日(金) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:仙台enn3rd
問合せ:AT FIELD std. 03-5712-5227
ゲスト:おとぎ話

日時:2018年12月15日(土) OPEN 18:00 / START 18:30
会場:名古屋Club ROCKNROLL
問合せ:AT FIELD std. 03-5712-5227
※ワンマン

日時:2018年12月16日(日) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:心斎橋Pangea
問合せ:GREENS std. 06-6882-1224
※ワンマン

■TENDOUJI オフィシャル・サイトhttp://thetendouji.com/