コムアイ、新羅慎二(若旦那)参加 著名人がレコード作品をオススメする「PERSONAL BUYER」第2弾発表

株式会社ケイ・オプティコムが運営するレコード・コレクター・アプリ「REVINYL」にて展開しているサービス「PERSONAL BUYER」(パーソナル・バイヤー)。その参加アーティスト第2弾に水曜日のカンパネラのコムアイと、湘南乃風の若旦那こと新羅慎二が決定。2人がファンにアナログ・レコードで聴いてほしい音楽をセレクトする。

新羅慎二

「PERSONAL BUYER」とは、アーティストや著名人などがお申込み者の代わりにアナログ・レコードを購入し、届けるサービス。「好きな音楽をオンライン上で多くの人にオススメする」のでなく、「好きな音楽を手に触れられるもとのとして友達にオススメする」。効率的ではないが、音楽への愛着を深めてほしい。そんなキッカケから2018年12月にサービスをスタート。第1弾のゲスト・バイヤーには、D.A.N.、Ovall、Yuka Mizuharaが参加し、好評を博した。

今回、コムアイと新羅慎二はどんな音楽を選ぶのか、そのヒントとなるインタビュー記事も「PERSONAL BUYER」オフィシャル・サイトにて近日公開予定となっている。


【コムアイ(水曜日のカンパネラ) コメント】

私は人に教えてもらったり、聴いたときのシチュエーションだったりで音楽やアーティストを知って、音楽が大事なものとして残っていくんです。誰にどういうシチュエーションで教えられたかが、けっこう大事。それと同じようなものの気がしました。


【新羅慎二(若旦那) コメント】

僕にとってプレイリスト的な存在だったのが兄。小学生の頃、兄の部屋にそっと入ってレコードを聴くことが日課でした。身近な人や憧れの人、仲間、そういう人たちから“この音楽いいよ”って口コミで伝わることが正しい音楽の伝わり方だと思うので、すごくいいですね。


PERSONAL BUYER オフィシャル・サイト