森は生きているのリーダー、Okada Takuroがソロ名義として新曲を〈HOSTESS〉よりリリース

2枚のアルバムを発表し、2015年に突如解散をした森は生きているのリーダー、岡田拓郎がソロ名義・Okada Takuroとして新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表。配信が本日からスタートした。

2015年に森は生きている解散後、映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、MUSIC MAGAZINEでの執筆活動、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースなど多岐に亘って活動を行っていた彼が、この度〈Hostess Entertainment〉から新曲「硝子瓶のアイロニー」を配信リリースしました。

今回発表された新曲「硝子瓶のアイロニー」はOkada Takuroソロ名義としては初の配信リリースとなり、マスタリングはBob DylanからBon
Iverなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、Greg Calbi(グレッグ・カルビ)が手掛けている。また、同じく元・森は生きているの谷口雄がアコースティック・ピアノ、吉田ヨウヘイgroupの西田修大がエレキ・ギター、さらにジャズ・ドラマーの石若駿がドラマーとして同楽曲に参加している。


【リリース情報】

Okada Takuro (岡田拓郎) 『硝子瓶のアイロニー』
Release Date:2017.07.21 (Fri.)
Label:Hostess Entertainment
Tracklist:
1. 硝子瓶のアイロニー