mei ehara、セルフ・プロデュースで作り上げた2ndアルバム『Ampersands』5月リリース

mei eharaが2ndアルバム『Ampersands』を5月13日(水)にリリースすることが発表された。

2017年にキセルの兄、辻村豪文プロデュースで〈カクバリズム〉よりリリースした1stアルバム『Sway』(2017年)より、およそ2年半ぶりとなる本作『Ampersands』は、彼女が集めたバンド・メンバー、鳥居真道(Gt. / トリプルファイヤー)、Coff(Ba. / ex.どついたるねん)、浜公氣(Dr. / どついたるねん)、沼澤成毅(Key. / ODOLA)の4人と作り上げたセルフ・プロデュース・アルバム。

今回はCDとLP同時リリースとなっており、LPは完全受注生産となっている。また、アルバムの1曲目を飾るレゲエ風味溢れるナンバー「昼間から夜」が7インチ・シングルとして4月10日(金)に先行リリースされることに。B面にはDaryl Hall & John Oatesの名曲「I Can’t Go for That」の宅録カバーが収録される。


【リリース情報】


mei ehara 『昼間から夜』
Release Date:2020.04.10 (Fri.)
Label:KAKUBARHYTHM
Cat.No.:KAKU-115
Price:¥1,000 + Tax
Tracklist:
A1. 昼間から夜
B1. I Can’t Go for That

==

mei ehara 『Ampersands』
2020.05.13 (Wed.)
Label:KAKUBARHYTHM
Tracklist:
1. 昼間から夜
2. 歌の中で
3. 優しく
4. どちらにピントを
5. 不確か
6. ギャンブル
7. 似合ってくる
8. 群れになって
9. 最初の日は
10. 鉄の抜け殻

※CD、LP同時リリース

mei ehara