片想い、最新ALから「2019年のサヨナラ(リリーへ)」が7インチ・カット B面は玉置浩二「田園」カバー

片想いが今年9月にリリースした3年ぶりの最新アルバム『LIV TOWER』収録曲「2019年のサヨナラ(リリーへ)」が7インチ・シングルとして12月25日(水)にリリースされることが発表された。

レーベル・メイトでもある浜野謙太主演のドラマ『面白南極料理人』のEDテーマとしても起用された本楽曲は、年度の別れの時期にはぴったりな、片想いならではの哀愁がどっと滲み出た1曲。

B面には玉置浩二の名曲「田園」のカバーを収録。ボーカル・片岡シンの熱く、そしてどこかもの哀しい歌声、大所帯バンドならではのバンド・アレンジで本家にも引けを取らない仕上がりになっている。また、今作のジャケットはオリジナル・ポストカード仕様。イラストはおぎわら朋弥、デザインは國枝達也がそれぞれ担当している。


【リリース情報】

片想い 『2019年のサヨナラ(リリーへ)』
Release Date:2019.12.25 (Wed.)
Label:カクバリズム
Cat.No.:KAKU-109
Price:¥900 + Tax
Tracklist:
A1. 2019年のサヨナラ(リリーへ)
B1. 田園

※7インチ・シングル
※完全枚数限定生産

■片想い:Instagram

カクバリズム オフィシャル・サイト