UKの破天荒ロック・バンド、Fat White Family初来日公演3月に開催

Header Photo by Sarah Piantadosi

英ロック・バンド、Fat White Familyが3月12日(木)に東京・新宿Marzにて初の来日公演を開催することが発表された。

2011年、ロンドンの南地区にて不法定住の共同生活をしていた6人により結成されたFat White Family。2013年には数枚のシングルと、デビュー・アルバム『Champagne Holocaust』を自主制作。その堂々としたライブ・パフォーマンスと中毒性のあるサウンドで、徐々にロック・ファンから注目を集めるようになり、カルト・ヒーローとしてメディアにも取り上げられる存在に。

現在ではLiam Gallagherも彼らに称賛を送るほか、英最大級のフェスティバル『Glastonbury Festival』にも2年続けて出演。今年4月には最新アルバム『Serfs Up!』を発表。60年代のトロピカーナから、The Velvet UndergroundやDavid Bowieの妖艶さとスター性、80年代のダンスホール、David Axelrodを彷彿とさせるフュージョン、Pet Shop Boysのシンセ・サウンド、アシッド・ハウス、PIL以降のダブなど、多彩な音楽要素を発露した。


【イベント情報】

FAT WHITE FAMILY
LIVE IN JAPAN

日時:2020年3月12日(木) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京・新宿Marz
料金:ADV. ¥6,500 / DOOR ¥7,500 (各1D代別途)
出演:
Fat White Family (from UK)

チケット:12月4日(水)〜(Alive)
※プレイガイドでの販売については未定

イベント詳細