Emerald、バンド初のディスコ・ナンバー「Sunrise Love」本日配信 活動10周年記念した連続リリース第2弾

Emeraldがニュー・シングル「Sunrise Love」を本日9月1日(水)にリリース。合わせてMVも公開された。

活動10周年を記念する連続リリースの第1弾として、7月に発表された「Re:ふれたい光」に続く今作は、Emerald初のディスコ・ナンバー。サポート・メンバーとしてYuthke(TAMTAM)、ゲスの極み乙女やindigo la Endなどのサポートも務めるえつこ(DADARAY)に加え、ゲスト・ギタリストにFishmans、小沢健二、Original Loveでのプレイでも知られる木暮晋也(ヒックスヴィル)、ホーン・アレンジにSIRUPのサポートなども務めるの井上惇志(showmore)らが名を連ねている。

MVはConstruct film worksが制作。主演にモデルの武居詩織を起用し、コロナ以前/以後の世界が交差する様を、繊細かつ力強く描いた作品となっている。加えて、本日20時30分から〈FRIENDSHIP.〉のスタジオ「F.S」よりYouTubeにて無料配信ライブも実施する。

さらに、来年1月22日(土)には活動10周年を記念する初のワンマン・イベントを東京・渋谷WWW Xにて開催することも決定。今回は通常のチケットのほか、連続配信シングル曲をまとめた4曲入り12インチ・アナログ・レコード付きチケットが用意されており、本日よりe+にて先行受付が開始している。


【Yosuke Nakano(Vo. / Emerald) コメント】

この楽曲は「Summer Youth」以来のGt.磯野好孝による作曲です。新たにトークボックスを導入していて、イントロのリフレインフレーズと英詞は藤井兄弟(智之・健司)によるアイデア。毎回新しいことに挑戦したい、欲張りなEmeraldらしい意欲作になっています。グルーヴィでアッパーなサマーチューン! 木暮晋也によるご機嫌なカッティング!吹き荒れるサマーブリーズの如きホーンセクション! 駆け巡るファルセット! Emerald必殺の全部のせです。
コロナとともにやってきた、音楽人生で初めてのライブのない生活。人と会わない日々。そんな中で、想像力と感性で自分を取り囲む世界を再定義する。みんながそうしたことで悩んでるように感じ、その手がかりになるような言葉を探しました。世間の雑音から離れて、自分自身の中にピンとくるものを繋いで、自分からのメッセージを受け取って生きて行く。そうしたみんなのストーリーに併走できる楽曲でありたい。そうしてまた一段と輝きを増し、生き延びた皆様と、ライブで会えることを心から願っています。
来年の夏はたくさん遊びましょう。


【リリース情報】

Emerald 『Sunrise Love』
Release Date:2021.09.01 (Wed.)
Label:Maypril Records
Tracklist:
1. Sunrise Love


【配信情報】

『Live Streaming at FS. / Emerald』
日時:2021年9月1日(水) 20:30〜
配信:YouTube
料金:視聴フリー


【イベント情報】

Emerald Pre. 10th Anniversary ONEMAN Party 『TEN』
日時:2022年1月22日(土) OPEN 17:00 / START 17:30
会場:東京・渋谷WWW X
料金:ADV. ¥4,000 / DOOR ¥4,500 / アナログ付 ¥6,000

・チケット
先行販売(e+):9月1日(水)12:00〜

Emerald オフィシャル・サイト