国産ジューク・シーンの重要人物、CRZKNYが“GABBA”をテーマにした新作を3月リリース

日本におけるジューク/フットワーク・シーンの代表的プロデューサーのひとり、CRZKNY(クレイジーケニー)が4作目となるニュー・アルバム『GVVVV』を3月1日(木)にリリースすることが発表された。

CRZKNYは昨年3rdアルバム『MERIDIAN』をリリースし、DOMMUNEにて5時間特番が放送されたほか、渋谷GLADでのリリース・パーティや“rural2017”、新木場agehaでの“Anthem”、“りんご音楽祭2017”、“Outlook2017”など、数多くのフェスへの参加を果たした。
さらにはUKの代表格的ドラムンベース・レーベル〈Exit Records〉のボス・DBridgeからの逆オファーによる共同楽曲制作、サニーデイ・サービスの新作『Popcorn Ballads』にて曽我部恵一との共作、world’s end girlfriendのリミックス・アルバム『LASTWALTZ REMIX』参加やHave a Nice Day!「Riot Girl」のリミックスを手がけるなど、幅広く活躍している。

そんな彼の2018年初リリースとなる本作は、“GABBA(ガバ)”をテーマに、『GVVVV』と名付けられた。オランダやイタリアで未だに一大シーンを担うハードコアやガバを、CRZKNYのフィルターを通して表現しているという。
収録曲はBPM150~175の基軸としたオリジナル楽曲と、その楽曲たちを135BPMまで落とし、テクノに変容させたバージョンの計14曲を収録している。

なお、今回のリリースは、所属レーベル〈GOODWEATHER〉のデジタル配信第一弾としてBandcamp、iTunesほか各種媒体にて3月1日(木)に配信リリースされる。


【リリース情報】

CRZKNY 『GVVVV』
Release Date:2018.03.01 (Thu.)
Label:GOODWEATHER
Cat.No.:GWD-001
Tracklist:
01. LOST
02. HIGH
03. FUCK
04. PEAK
05. CELL
06. GUTS
07. SCUM
08. DIRT
09. CLUB
10. VOID
[Bonus 135BPM ver]
11. CELL
12. LOST
13. FUCK
14. VOID

※デジタル・リリース