Awesome City Club、3カ月連続配信SG第1弾「アンビバレンス」本日リリース MVフルVer.も解禁

Awesome City Clubがおよそ1年5ヶ月ぶりとなる新曲「アンビバレンス」を本日1月15日(水)にリリースした。

今作は3カ月連続配信リリース企画第1弾となる本作は、タイトル「アンビバレンス」が表す通り相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すことを表現した作品。日常の中で自分が併せ持つ二面性を新たなAwesome City Clubのカラーで作り上げた内容となっている。

作詞/作曲はボーカル・atagiが担当し、今作から新たな試みとしてiriやchelmico作品も手がける〈Pistachio Studio〉のESME MORIをアレンジャーに迎えた。アーティスト・ヴィジュアル、カバー・アートワークを手がけるのは椎名林檎、スピッツなどを手がけるアートディレクター・木村豊(Central67)。こちらもAwesome City Clubとのタッグは今回が初となる。

MVにはOfficial髭男dism「Pretender」や、あいみょん「どうせ死ぬなら」の監督を務めた新保拓人(SEP)を迎え、楽曲の持つ二面性を表現している。


【リリース情報】

Awesome City Club 『アンビバレンス』
Release Date:2020.01
Label:cutting edge


【イベント情報】

『Awesome Talks Acoustic Show 2020 ~New Year Special~』

1月19日(日) at 仙台 retro BackPage
1月23日(木) at Billboard Live TOKYO ※
1月28日(火) at Billboard Live OSAKA ※

※2ステージ実施

Awesome City Cub オフィシャル・サイト