Spotifyを中心に世界中から注目を集めるAmPm、年内ラスト・シングル『Own This Groove』をリリース

2017年3月にデビューし、瞬く間にSpotifyでの総再生回数が1,500万回を突破しながらも、未だ詳細が謎の覆面ユニット・AmPm(アムパム)が、本日12月13日(水)に11枚目のオリジナル・シングル『Own This Groove』をリリースした。

ボーカルにはアメリカ・ポートランド在住のSSW・Liyvを起用した本作は、デビューからわずか9ヶ月で急速的に日本から世界へと名を馳せることになった彼らにとって、2017年のエンディング・ソング的位置付けとなっている一曲。

Livy

先月にはグラミー賞ノミネーターであるstarRoとのコラボ作品を発表したばかりのAmPmにとっては立て続けの新曲発表だが、先日にも2来年1月24日(水)リリースのゲスの極み乙女の5thシングル『戦ってしまうよ』に、カップリングとして「ぶらっくパレード(Remix by AmPm)」が収録されることが発表されるなどして大きな注目を集めた。

さらに、今回の新曲リリースに際してAmPmから下記のようなコメントが届いている。


【AmPm コメント】

2017年にデビューして、世界中のリスナーのみなさんのおかげで私たちはたくさんの楽曲をリリースすることができました。今回の新曲「Own This Groove」で、AmPmの2017年の旅は、一旦終了します。デビュー時は、こんなに多くの方々に私たちの楽曲を聴いてもらえるとは夢にも思いませんでした。私たちも、この曲を聴きながら今年を振り返りつつ、来年はさらに飛ばしていきたいと思います。

■AmPm オフィシャル・サイト:http://ampm.tokyo/