Grand Pax

Comet

Grand Pax / Comet
Puma Blueなどで話題のレーベル〈Blue Flowers〉から、メランコリックかつエモーショナルな新鋭SSWによるデビュー曲

ノース・ロンドンに拠点を置く24歳のSSW、Annie Paxによるソロ・プロジェクト、Grand Paxが〈Blue Flowers〉より5月14日(月)にデビュー曲となる「Comit」を公開しました!

彼女がサインしたレーベル〈Blue Flowers〉は、元々はロンドンのライブ&クラブ・イべントからスタートしており、今話題となっているPuma Blueや、Nilüfer YanyaWestermanなどを排出したイギリスのインディ・レーベル。そして本楽曲のプロデューサーは、Rejjie SnowやKali Uchisの楽曲を手がけたこともあるUKはリーズを拠点とするプロダクション・コレクティヴ、Gotts Street Parkの中心人物Josh Crockerが務めているよう。

細かく刻んだハイハットと、静かに胎動するビートと、どこかくぐもった、温かみのあるギター・サウンドが彼女のメランコリックなボーカル包み上げる本楽曲。
まさにMVのように暗い宇宙を漂ってるような浮遊感もあり、曲が進むにつれて彼女の世界観にどんどん引き込まれていきます。コーラスではそれまでの暗鬱なイメージから一転、力強くクリアに響くボーカルがグッと聴く者の心を掴みます。それはまるで広大で真っ暗な宇宙で、微かに光り輝く星々を見つけたような、そんな明暗をつける巧みな曲展開が堪りません。

なお、Grand Paxは今年の7月にデビューEPをリリースするそうで、今後の活躍から目が離せません。

ちなみに、先述のコレクティブ、Gotts Street Parkの楽曲にGrand Paxがフィーチャーされたこちらもぜひチェックを。この曲は彼らが昨年6月にリリースしたデビューEP『Volume One』に収録されています。

Takashi Komine

Curator & Interviewer

Takashi Komine

主に洋楽の新人アーティストの中でも上質なアーティストをお届けします。音楽の泥沼にハマったどこにでもいそうな青年。 【影響を受けたアーティスト】 Yuck、Rage Against The Machine、The Strokes