Gengahr

Powder

Gengahr / Powder
2014年の期待のUK新人が見せる甘美でダークなドリーム・ワールド

最近のUKミュジーック・シーンはギター・ロックの復興と言われているが、ノース・ダコタ出身の4人組Gengahrもギター・ロックを盛り上げてくれる若手バンドの一つだろう。元々はRESというバンドであったが最近改名してGengahrと改名したとのこと。同じく若手のWolf AliceSuperfoodとライブをしたり、今後はThe Maccabeesのサポートも控えている。さて、そんな彼らの新曲「Powder」のミュージック・ビデオがTransgressive Recordsから公開された。

彼らの音楽は来日したばかりのChildhoodのような90sを意識したノスタルジーなサウンドだ。甘くてファジーなギター・サウンドを瑞々しいヴォーカルの歌声がよりいっそう引き立てる。一見甘い世界に思えるが、実際歌詞は、”Who’s gonna die. Listen and I’ll be the cool kid” と歌っており、イノセントな魅力の中にダークさ垣間見える。この「Powder」のビデオはデヴィッド・リンチやテリー・ギリアムを意識したそう。摩訶不思議でダークな世界観とノスタルジックなサウンドの組み合わせは、まさに彼らの魅力を表現したビデオだ。

「Powder」

Fill My Gums With Blood」もキラー・ソング。併せてチェックして欲しい。

aoi

Curator & Interviewer

aoi

US/UKインディー・ロック、特にガレージ・ロックを愛するライター。Spincoasterには出戻りです。たまにブログ(http://4ever0cku.blogspot.jp/)も更新してます。