FRET

List Is Full

FRET / List Is Full
凶暴過ぎるインダストリアル・テクノ。元Napalm Deathのドラマーが提示したのは、もはや「音の暴力」とでも言うべき代物であった

Napalm Deathの元ドラマー、Mick Harrisが4月3日に新作EP『Silent Neighbour』をリリースする。

同バンドを脱退後、彼はメタルだけでなくアンビエントやドラムンベースにも傾倒していた。あまり知られていないが、実はこちらも相当クオリティが高い。ジャンルによって名義を使い分けている彼のディスコグラフィーには、複数のプロジェクトが存在する。FRETはその内のひとつだ。

昨年、この名義で『Over Depth』という名のアルバムを出している。今回リリースされる『Silent Neighbour』はこの内容をさらに発展させ、Aphex Twinもビックリのインダストリアルな音像を展開している。

凶悪過ぎる。ヘッドホンで聴く際はぜひ音量に細心の注意を払っていただきたい。かつてメタルで培った攻撃性、途中に経由したドラムンベースで繊細かつ複雑なビートを得て、混沌を極めたプロダクションが完成した。
メタルで用いられるドラムの叩き方のひとつに、「ブラストビート」と呼ばれるものがある。超高速でバスとスネアを同時に叩き続けるスタイルだが、これを伝播したのはまさしくNapalm Death在籍時のMick Harrisであった。人間業の限界に挑んだ彼は、現在非人間的な境地にいるのかもしれない。その点では、『Music for Robots』で「人力演奏不可能なマシーン・ミュージック」を標榜したSquarepusherと通ずるものがある。

なかなかに劇薬だが、ぜひとも「興味本位で」聴いて頂きたい。一曲丸っと聴いて放心状態になって欲しい。


【リリース情報】

FRET, Silent neighbour

FRET 『Silent Neighbour』
Release Date:2018.04.03 (Tue.)
Label:Long Island Electrical Systems (L.I.E.S.)
Cat.No.:LIES-111

Yuki Kawasaki

Yuki Kawasaki

ライター / エディター / ディレクター。週末は大抵都内のクラブにいますが、社交性はそれほど高くないです。映画も好き。 【影響を受けたアーティスト】Underworld / Aphex Twin / D’Angelo

RANKING