無礼メン

棒人間

無礼メン / 棒人間
ブラック・ミュージックをルーツに、独自の日本語歌詞を乗せたサウンドで注目を集める無礼メンが登場!

都内を中心に活動するブラック・ミュージックをルーツにした5人組バンド、無礼メンがMusic Bar Sessionに登場した。

無礼メンは元々2015年に結成したバンドではあるが、2018年7月にドラマーとボーカルが脱退。その後新ドラマーに弱冠20歳のkanno soを迎え、作詞作曲とベースを担当していたリーダーの高木祥太がボーカルを担当することになり、今までの印象とはガラッと変わった新体制としてリスタートしている。

今回演奏してくれた「棒人間」は新体制としては初のリリース楽曲で、このセッションのために4人編成のアコースティック・アレンジを練ってくれた。

原曲で使用しているサックスの代わりに、だ〜いけ(Key.)によるボコーダーを駆使し、Spincoasterでも度々取り上げているeillのサポートも務めるサトウカツシロ(Gt.)による緻密なアコギの指使いにもぜひ注目して聴いて頂きたい。

Text by Rinjun


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

=======================================
①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/
=======================================

TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト

TOKYO SOUNDS instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/