ぼくのりりっくのぼうよみ

sub/objective

ぼくのりりっくのぼうよみ / sub/objective
どれだけ本を読めばこんな語彙力が身につくのか。どれだけ音楽を聴けばこんなトラックが作れるのか。驚愕の17歳。

17歳の現役高校生ラッパー、ぼくのりりっくのぼうよみが12月16日に発売するデビューアルバム『hollow world』のリリースに先駆けて「sub/objective」のMVを公開!

この曲は彼が15歳の時に制作したものとのこと。これは驚きですね。
そして、12月にリリースする、アルバムは大学受験と並行して作られた作品でもあるという。ちょっと意味がわかりませんね。

主観(subjective)と客観(objective)というテーマにしたリリック、ジャジーで淡々としたサウンド。
どれだけ本を読めばこんな語彙力が身につくのか。どれだけ音楽を聴けばこんなトラックが作れるのか。

このMVも含め色々と関わっている人もスゴイ人ばかり。その、レーベルの気合いの入りようには納得せざるを得ません。

最近、シンリズムやDAOKOなど若いアーティストのフックアップが目立ちますが、今後、彼らが音楽業界をどう渡り歩いていくのかも、個人的には注目しています。

1stアルバム『hollow world』
発売日:12月16日  
価格:2,000円(税別)

『hollow world』ジャケ写

<収録曲>
1.Black Bird
2.パッチワーク
3.A prisoner in the glasses
4.Collapse
5.CITI
6.sub/objective
7.Venus
8.Pierrot
9.Sunrise (re-build)

アルバムトレーラー

Nojima

Curator & Producer

Nojima

ポップなものや踊れる音楽が好きです。【影響を受けたアーティスト】Phoenix / くるり / Acid House Kings