aimi

Sorry

新鋭R&Bシンガー・aimiが1st EP『Water Me』より大切な友人に向けた謝罪ソング「Sorry」をアコースティック・セットで披露!

新鋭R&Bシンガー、aimiがTOKYO SOUNDSのMusic Bar Sessionに登場した。

幼少期にソウルやディスコ・ミュージックを聴き始めというaimiは、90ʼs〜00ʼsのR&Bに影響を受け、学生時代に留学先の英マンチェスターでライブ・オーディションに出場。同オーディンションにてアジア人として初優勝を飾り、歌手の道に進むことを決意。長年のライブ活動と自主制作を経て、今年より“aimi”名義で新たなプロジェクトを始動させた。

プロデューサー・Shingo.Sとの出会いをきっかけに、現在はR&Bをメインに楽曲を制作。グラミー賞を受賞したH.E.R.やJhené Aikoなどに代表されるオルタナティブ/チルなR&Bシーンとも共鳴する音楽性を展開している。

EP『Water Me』は全曲Shingo.Sがプロデュースを担当。リード曲であり、今回のMusic Bar Sessionで、披露してくれた「Sorry」は大切な友人に向けた謝罪ソング。Music Bar Sessionでは特別にアコースティック・セットで披露してくれた。音数の少ない演奏だからこそ引き立つ彼女の天性の歌声に注目して聴いて頂きたい。

Text by RINJUN

■aimi:Twitter / Instagram


【TOKYO SOUNDSとは】

“表現者を繋ぎ、新たな価値を届ける”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■TOKYO SOUNDS:オフィシャル・サイト / Twitter / Instagram

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/