100byKSR Directory

No.58 - 62

『100byKSR』インタビュー企画第13弾。nate、haruru犬love dog天使、FantaSwitch、Each Eyes Country、Joshua Moylett登場

レーベル/プロダクション〈KSR〉によるアーティスト支援プロジェクト、『100byKSR』の2次採用楽曲が10月2日(金)、9日(金)と2週連続で31曲がリリースされた。

AwichやkZmなど〈YENTOWN〉関連の作品やJP THE WAVY、YOSA & TAARなど、多岐に渡るアルバムなどの作品リリースを手がけている〈KSR〉。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、音楽活動の場所や機会が奪われているアーティストへの生活支援を目的として立ち上げられた本プロジェクトでは、アーティストから楽曲を募集・選考の後、採用された楽曲に対して制作費15万円を支給。合計100曲の楽曲の採用とリリースを行う。

Spincoasterでは本プロジェクトに採用されたアーティストたちにショート・インタビューを敢行。第13回目となる今回は、新鋭ラッパー/シンガーのnate、haruru犬love dog天使、FantaSwitch、そしてヒップホップ・クルー・Each Eyes Country、プロデューサー/作曲家のJoshua Moylettが登場。そのルーツやバックグラウンドを紐解くことに。

Text by Takazumi Hosaka


  nate 

[Twitter / Instagram/ SoundCloud]

①簡単な自己紹介をお願いします。

北海道函館出身、現在は関東を中心に活動しています。ソロの活動のほか、flip flop flyというユニットでの活動をしています。

②音楽活動を始めたきっかけは?

今の活動をするきっかけは、4年前くらいに友達に勧められて、です。

③今の音楽スタイルに影響を与えたアーティスト、作品などを教えて下さい。

ずっと好きなアーティストはPerfumeです。今のスタイルに影響されているのは韓国のラッパーの曲が多いです。特に、‪Woo Won Jae「We Are (Feat. Loco & GRAY)」‬がすごく歌詞もメロディも好きです。

最近はハイパー・ポップ(hyperpop)系の音楽が好きなのでそういうのもたくさん作っていけたらなと思っています。

④今回リリースされる作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

今回の曲のテーマは“感覚”なんですけど、無意識に感じるものと、意識的に感じるものを対比して書きました。元々パッと浮かんだ時に曲のテーマをメモ帳に書き留めていて、その中から選んで作ることが多くて今回もそんな感じです。

⑤今後の展望は?

今後も楽曲をたくさんリリースする予定があるので、ぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです。


  haruru犬love dog天使

[WEB / Twitter/ Instagram / SoundCloud]

①簡単な自己紹介をお願いします。

東京都、26歳、ラッパー/シンガー

②音楽活動を始めたきっかけは?

10代の頃から芸術に興味があり、作詞や絵を描いたりしていました。最初はポエトリー・リーディングをしていましたが、次第に実験音楽やアンビエントに興味を持ったため、友人とノイズ・バンドを組みました。解散後、ヒップホップやR&Bの持つ強さや憂いに惹かれ、現在はラッパー/シンガーとして活動しています。

③今の音楽スタイルに影響を与えたアーティスト、作品などを教えて下さい。

『クーロンズ・ゲート-九龍風水傳-』(KOWLOON’S GATE)というゲームの世界観と、『TAMALA2010』というアニメ映画が好きで、特にその2作品から影響を受けていると思います。

あとは、Aphex TwinやBrian Enoなどを好んで聴くため、ヒップホップよりもアンビエントやノイズ系のアーティストに影響を受けているのではないかと思います。

④今回リリースされる作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

ひとり、夜部屋の中で別れの気配を感じながら過ごしている人をイメージしながら作詞をしました。トラックは、昔から親交のあるトラックメイカーのKotetsu Shoichiroさん。レコーディングとミックスはいつもお世話になっている、SR23さんに頼みました。

⑤今後の展望は?

2020年4月に孤独をテーマにした6曲入りEP『Lonely』をリリースしました。 孤独、寂しさ、生きづらさを感じている方にぜひ聴いていただきたいです。現在、新しいアルバムも制作中です。チェックしていただけたら嬉しいです。


  FantaSwitch

[Instagram / SoundCloud]

①簡単な自己紹介をお願いします。

埼玉県出身、2004年生まれ16歳。関東を拠点に活動しています。

②音楽活動を始めたきっかけは?

多様なアーティストを見ていく上で、自分もなりたいと思うようになって。また、たくさんの人に自分の曲を聴いて欲しいと思い、本格的に音楽活動を始めました。

③今の音楽スタイルに影響を与えたアーティスト、作品などを教えて下さい。

ティーン世代のアーティストからはすごく刺激をもらっています。USでもそうだし日本でもそうだけど自分と歳の近い方が活躍しているとすごく焦りを感じるし、自分も頑張らなきゃと思います。

④今回リリースされる作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

今回の作品は自分のキャリアの中での2曲目の曲なんですけど、すごく手応えがありました。トラックを聴いた瞬間からフックが思いついて3日間くらいで完成させることができました。これいけるなって思った矢先に今回のプロジェクトを見つけてすぐに応募させて頂きました。宅録で終わらすのはもったいないので初のスタジオに行きレコーディングすることができました。

⑤今後の展望は?

今後はまず年内中に1st EPを出して、その中の収録曲からMVを1曲出すつもりなので皆さんチェックお願いします。アルバムも出せたらなと思っています。たくさんのアーティストの方々と曲もできたらなと思ってます。とにかく自分は動き続けるので期待しててください。


  Each Eyes Country

[Twitter / Instagram / SoundCloud]

①簡単な自己紹介をお願いします。

東京23区外のカントリーサイドで育ったクルー、Each Eyes Countryは以下のメンバーからなる。

Taina Kee(MC/プロデューサー)、Esosa Vee(MC)、CN Peek(MC)、Tigre Aoki(MC/ディレクター)

②音楽活動を始めたきっかけは?

Taina Kee:人に会わなくてもいい時期が1年くらいあって、うだつの上がらない生活に終止符を打つため「Ableton」をダウンロードし、作曲に打ち込むようになりました。できた曲をよく聴いてもらっていたのがVeeとCNPで、彼らを巻き込んで行こうと思って、EECが始まりました。

Esosa Vee:Tainaが作ったビートに「詞を乗せてみない?」と誘ってくれて、曲を一緒に遊び感覚で作っていたらいつの間にか2人とも本気で向き合っていました。

Tigre Aoki:最初は友人のクルーの映像を撮っていたのですが、自分も曲を撮りたいなと思ったのが始まりです。

③今の音楽スタイルに影響を与えたアーティスト、作品などを教えて下さい。

Taina Kee:tofubeats、Tyler, The Creator、VaVa、dodoさんなどのセルフ・プロデュースしているアーティストに影響を受けました。そして最初に衝撃を受けたのはPSGさんで、PUNPEEさんのライブの出待ちをした時にラップをする意味を「Fight For Your Right (to party)」と言われたことが音楽をする上でかなり影響してます。

Esosa Vee:影響を受けたアーティストは正直めちゃくちゃいて、そんな中でも自分にとってものすごく衝撃的だったアーティストはChris Brown、J. Cole。両者の『Exclusive』と『2014 Forest Hills Drive』は最高の名盤だと思っています。

④今回リリースされる作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

Esosa Vee:今まで自分自身に蓋をしてきたり、目を背けてきた葛藤や恐怖心といったものに真っ直ぐ向き合って形にするということが、自分たちにとってはとても苦しく、難しい作業でした。何度も朝まで話し込んで、自分達の詩を具体的かつコンパクトにまとまる様に、フローや言葉選びなども慎重に進めていきました。今作「Each Eyes Country」はクルーとしての今後の方針であり、信念となる最高の一曲になっています。

⑤今後の展望は?

現在EPと「Each Eyes Country」のMVを鋭意制作中です。 そしてめっちゃライブしたいので連絡お待ちしております!!


  Joshua Moylett

[Instagram / SoundCloud]

①簡単な自己紹介をお願いします。

京都府京都市右京区出身。1991年生まれ。現在の拠点は東京都心近郊です。音楽制作してレーベルにプロモーションして販売活動してもらっています。ほとんど学生生活は東京で過ごしましたが、2014年〜2016年はアイルランドで過ごしました。趣味はカラオケ、お酒。最近ハマっていることはホラー映画を1日1本観ることです(笑)。

②音楽活動を始めたきっかけは?

音楽活動を始めたきっかけは、もともとクラブ・ミュージック好きなので大学の頃DJをしていました。DJからコードやキーって存在を知って音楽を構成する要素を知って制作への紐口になりました。つまり、今自分が聴いている曲はどうやって成り立っているんだろう、どうして自分はこの曲を好きになるのだろうという探究心が制作のモチベーションになったと思います。25歳超えてから音楽理論、DAWの使い方を勉強しました。

身の回りの人のサポートがあって初めて今こうして制作者として成り立っていると思います。もちろんおれの決断もありますが(笑)。おれは元会社員なので、仕事の回し方を先輩から教えてもらった経験が音楽制作に生きていると思います。

③今の音楽スタイルに影響を与えたアーティスト、作品などを教えて下さい。

YouTubeチャンネルを運営しているのですが、ジャンルレスで邦ロック、K-POP、ボリウッド・ミュージック、アニソン、洋楽ロック、ポップスと何でもアレンジしています。なんで、ただひとつこのアーティスト、作品が好きとか影響を受けたとかはあんまりないです。今は一昔前と比べてバンド・スタイルよりもPCで音を作ってシンガーがボーカルを乗せるってイメージが強いです。なんで自分もスタイルを決め付けないで挑戦したいと思っています。これまでにリリースした曲はクラブ・ミュージックが多いですが、SSW的な活動もいつかスタートしたいと思います。

④今回リリースされる作品はどのようにして生まれたのでしょうか?

一次募集で応募したフューチャー・ベースが刺さらなかったので、ベース・ハウスでチャレンジしました。TikTokで流れている曲を聴いたり、渋谷・原宿を歩いて直感を頼りにしたりしていたと思います。制作は1ヶ月ほとんど他の事は何もせずに缶詰して作りました。コロナで大変な世の中を想像するとエンド・ユーザーは家で聴くかと思い、リヴァーブのルーム・サイズは大きすぎない様にしています。ドロップでなっているリフはパン、ボリュームを振って音数は少なくても単調にならないようにしています。音は「Splice」から取ったものが多いです。曲名の「Ground」も曲中に男の声で<ground ground>と鳴っているからです。インパクトのあるフレーズのFXを「Splice」から探して見つけました。

⑤今後の展望は?

日本で活躍するEDMプロデューサーはace1さん、pharienさんといるので、シーンに食い込みたいです!アジア発で人気のKPOPのリミックスや日本語で歌うpops、フェス受けするEDMと全て作る予定です。ご縁があれば共同制作もしてみたいです。


【リリース情報】

nate 『≠』
Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:100byKSR
Tracklist:
1. ≠

==

haruru犬love dog天使 『Lingering』
Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:100byKSR
Tracklist:
1. Lingering

==

FantaSwitch 『IQ』
Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:100byKSR
Tracklist:
1. IQ

==

Each Eyes Country 『Each Eyes Country』
Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:100byKSR
Tracklist:
1.Each Eyes Country

==

Joshua Moylett 『Ground』
Release Date:2020.10.02 (Fri.)
Label:100byKSR
Tracklist:
1.Ground

100byKSR オフィシャル・サイト

■『100byKSR』YouTube再生リスト

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。