ゆるふわギャング

Escape To The Paradise

ゆるふわギャング / Escape To The Paradise
ゆるふわギャングが来る1stアルバムより『パルプ・フィクション』にオマージュを捧げた新MVを公開!

Ryugo IshidaとSophieeからなるヒップホップ・デュオ、ゆるふわギャングが新曲「Escape To The Paradise」のMVを公開しました。

本楽曲は4月5日にリリースされる1stアルバム『Mars Ice House』からの一曲で、iTunes Storeではアルバムのプレオーダーと共に先行配信もスタートした楽曲。

歪んだ電子音がまるでギターのように聴こえる攻めたトラックは、60年代のサイケデリック・ロックを想起させます。先日紹介されていたTHEY.「What You Want」の記事でも書かれていましたが、近年少しずつ増えてきている、いわゆるロック的なアプローチをみせるUSヒップホップ・アクトとも共振しているような気がしますね。本楽曲のプロデュースはSaluの楽曲などを手掛けるEstraによるもので、テーマは「暗闇や暴力が蔓延る世界からの脱却」。

なお、MVではゆるふわギャングが「レコーディングしているときに頭に浮かんだ」イメージをセルフ・ディレクションにより再現したとのこと。タランティーノ監督の映画『Pulp Fiction(パルプ・フィクション)』にオマージュを捧げ、実際の映画でもジョン・トラボルタとユマ・サーマンが着用していたブランド、agnès b.から衣装提供を受けているそうです。

また、彼らは待望の1stアルバム『Mars Ice House』のリリースを記念したイベントを渋谷WWWと、Ryugo Ishidaの地元・土浦GOLDにて開催。渋谷WWWはワンマン公演、土浦GOLDではゆるふわギャングのプロデューサー・Automaticのユニット、DRAMATIKSを含む地元の仲間たちが集うとのこと。是非、チェックを!


【リリース情報】

ゆるふわギャング 『Mars Ice House』
Release Date:2017.04.05 (Wed.)
Label:Mary Joy Recordings
Cat.No.:
Tracklist:
1.Go! Outside
2.Dippin’ Shake
3.Hunny Hunt
4.Bleach The World
5.YRFW Shit
6.Don’t Stop The Music
7.Fuckin’ Car
8.グラセフ feat. LUNV LOYAL
9.パイレーツ
10.Sad But Good
11.Stranger
12.大丈夫
13.Sunset
14.Escape To The Paradise
15.Yes Way≠No Way


【イベント情報】

“Mars Ice House Release Live”
日程:2017年4月28日(金)
会場:渋谷 WWW http://www-shibuya.jp/
出演:ゆるふわギャング
時間:open 19:00 / start 20:00
料金:前売¥2,000(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
お問い合わせ:WWW 03-5458-7685
チケット一般発売:3/18(土)
チケットぴあ[P:328-243] / ローソンチケット[L:71315] / e+ / WWW店頭
公演詳細:http://www-shibuya.jp/schedule/007680.php

==

“Mars Ice House Release Party”
日程:2017年4月22日(土)
会場:土浦 club GOLD http://goldizm.com/
Live:ゆるふわギャング (Release Live)
GRIFFIN / SAINT MELO & LIL MANY / TOOR / GODSUN / HAYATO
DJs:DRAMATIKS / LICC / SPITE / KILLA WEAPON / BARBIE / MINAKAWA
時間:open / start 23:00
料金:前売¥2,500 / 当日券¥3,000(税込 / ドリンク代込み / オールスタンディング)
お問い合わせ:Mary Joy Recordings yurufuwa@maryjoy.net
チケット一般発売:3/18(土)
チケットぴあ[P:328-303] / ローソンチケット[L:70104] / e+

※4/5発売のCD「Mars Ice House」に封入されている特典券を4/22土浦GOLDまたは4/28渋谷WWWの物販ブースへ持参でゆるふわギャングステッカーセットをプレゼント!(※リリースパーティーご来場者のみの特典となります)

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes