Rootscoaster Vol.79

möscow çlub

待望の新作をリリースしたばかりながら、未だ謎多きバンド、möscow çlubのルーツとなった音楽、本、そしてお酒……!?

2012年にリリースされた日本各地の先鋭的なインディ・アクトの楽曲をまとめたフリー・コンピレーション・アルバム『Ç86JPN』の事実上の主宰を務め、2013年にはクラウドファンディングでLP制作を行ったことなどでも話題となっていた東京を拠点とする4人組バンド、möscow çlub(モスクワ・クラブ)。

その後しばらくはほとんど音沙汰のない状態が続いていたのですが、なんと先月アルバム『outfit of the day』+7インチ・シングルをリリース!
Alpaca SportsのAmanda Åkermanをはじめ、カナダのドリーム・ポップ・デュオ、You’ll Never Get To HeavenのAlice Hansenや日本のインディ・ポップ・バンド、Wallflowerのナカジマエリなどをゲストに迎えながら、制作に2年以上の月日を費やした力作とだけあって、国内においては他に類を見ない素晴らしいクオリティの作品となっております。

この度のアルバム・リリースに際して、メンバーの名前が公になりましたが、それでもまだまだ謎の多いバンドであるmöscow çlub。
というわけで今回は、そんな彼らにバンドとしてのルーツを伺いましたところ、なんと音楽だけでなく、影響を及ぼした本と酒類まで挙げてくれました…! これを読めば彼らへの理解がより一層深まる……はず?

(Text by Takazumi Hosaka)


影響を及ぼした音楽

1. Palais Schaumburg / Wir bauen eine neue Stadt

運命の出会いは神保町のボヘミアンズ・ギルドにて。
ここは建築やアート系の書籍、洋書を数多く取り扱う古本屋である。
そこで流れていたのがPalais Schaumburgだった。
当時新しかったからニューウェーブなのだから、現代の私達からすれば古いモノのはずなのに、この「新しい波」と呼ばれるオブスキュアな観念は我々を虜にしてやまない。
Kosmonautentraumと共に愛すべきノイエ・ドイチェ・ヴェレの雄。
彼らのひたむきさから多くのことを学んだモスクワクラブは、いつでもATA TAKされたいし、Zick Zackされたいと思っている。


2. Prefab Sprout / Moving The River

パディ・マクアルーンという天才は我々のコンポジションの手法に多大なる衝撃と影響を及ぼした。
この進行からは次はこうであろう、という脳内補完をたちどころに裏切っていく清々しさ。
ご多分に漏れず、本曲でも捉えようのない曲展開。
歌詞のセンテンスに沿って当てはめただけだけれど?とパディに一蹴されかねない、無邪気で崇高な自然美にクラクラする。
モスクワクラブは、今回の『outfit of the day』にて歌唱する折にも彼から勇気をもらった事は想像に難くないと思っている。


3. The Human League / (Keep Feeling) Fascination

THE HUMAN LEAGUEはファッショナブルだ。
アルバム『Dare!』のアートワークに代表される“LEAGUE”の文字がVOGUEの表紙をオマージュしているという都市伝説は、我々の今回の『outfit of the day』とは無関係では無いのかもしれない。
数多くのキャッチーなヒット曲を生み出した彼らだが、聴きこむほどに楽曲の一つ一つの構成音に隙が無いことを思い知らされ、シンセポップやニューロマンティックと揶揄される音楽への視座を高めてくれることに、モスクワクラブは感謝したいと思っている。


影響を及ぼした本

1. Feodor Dostoevski / Crime and Punishment (邦題:罪と罰)

罪と罰〈上〉 (新潮文庫) 罪と罰〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー 工藤 精一郎

新潮社 1987-06-09
売り上げランキング : 3264

Amazonで詳しく見る by G-Tools

一の罪悪は百の善行にあがなわれる、と自己の正当性を信じてやまないラスコーリニコフは“血を流したこと”に罪の意識を持つことができなかった。
そんな不憫なロージャが住まうアパートの大家の名前、そう、それこそは我々のアイコンの彼の名前である。彼無くしてモスクワクラブというアイデンティティーの発露は起こり得ず、きょうびのクラブ活動は無かった。
閑話休題。
物語はどんどん暗雲たる闇に呑まれ、救いは無いかのように思われた。しかし最後に雲間から一縷の光が射しこむ。モノクロだった世界は色づき新しい希望に満ち溢れ、“このものがたりはおわる”。
モスクワクラブは総じて色々良かったと思っている。


2. Ray Bradbury / Fahrenheit 451 (邦題:華氏451)

華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)
レイ・ブラッドベリ 伊藤典夫

早川書房 2014-04-24
売り上げランキング : 13413

Amazonで詳しく見る by G-Tools

松岡正剛の千夜千冊には大変御世話になってきたモスクワクラブだが、本著との邂逅、そして我々の曲「Fahrenheit 451」のアイデアは、偉大なライブラリアンの選書に依拠するところが大きい。
禁書・焚書をテーマにした本作品は、本が禁じられた世界でその本を燃やす行為を仕事とする公務員が主人公である。彼はとあるきっかけから読書に目覚めてしまうのだが、自らを書物化した一団に出会い、協調して体制側と対峙していくというディストピア系SFとなっている。「自らを書物化する」という表現のサイキック感が愛おしい。
なお、セイゴオによれば、ブラッドベリは当時のアメリカの行き過ぎた赤狩りにプロテストして本作品を上梓したとのことだが、反共の余り全体主義に陥るとは皮肉なものだと感じつつ、モスクワクラブもクラブ活動の情報統制に勤しみ努めて大躍進したいと思っている。


3. Henry James / Daisy Miller (邦題:デイジー・ミラー)

デイジー・ミラー (新潮文庫) デイジー・ミラー (新潮文庫)
ヘンリー・ジェイムズ 西川 正身

新潮社 1957-11-22
売り上げランキング : 206732

Amazonで詳しく見る by G-Tools

モスクワクラブ – “デイジー・ミラー”

【日本語訳】
=============================================
きみは楽しんでいるの?
僕はその為に苦しんでいるよ
嫌われないかとても不安だ
毎日怯えながら過ごしているんだ

きみは自らの公平さを信じている
そして他人からの評価に恋々としない
きみの振る舞いはこの因襲深い世界の許容範囲を超えている
そこに新鮮な驚きを感じずにはいられなかった
まるで無垢な無邪気さを象徴しているかのようだ
そんなきみの美しさと屈託の無い笑顔に心奪われてしまった
繊細な気品さえ見いだされる

ああ、愛しのデイジー・ミラー
=============================================


影響を及ぼした酒類

1. Hofbräu Kaltenhausen / Edelweiss Weissbier Snowfresh

オーストリアビール エーデルワイススノーフレッシュ330ml オーストリアビール エーデルワイススノーフレッシュ330ml

Edelweiss(エーデルワイス)
売り上げランキング : 43008

Amazonで詳しく見る by G-Tools

オーストリアのHofbräu Kaltenhausenが造るホワイトエール。小麦とハーブによる爽やかなフレーバー。ビール特有の苦味が苦手な人にこそおすすめしたいビールであるとモスクワクラブは思っている。


2. Shepherd Neame Ltd / Spitfire Premium Kentish Ale

小西酒造 スピットファイアー500ml×12本 小西酒造 スピットファイアー500ml×12本

小西酒造
売り上げランキング : 191610

Amazonで詳しく見る by G-Tools

イングランドのShepherd Neame Ltdが造るビター。モルト感、苦味、酸味が穏やかにバランスしていて何杯でも飲みたくなる。デリケートなビールであるため、可能であれば常温で陳列されたボトルではなく、冷蔵された樽を飲むことをすすめたいとモスクワクラブは思っている。


3. Swan Lake Beer / Amber Swan Ale

スワンレイクビール アンバースワンエール スワンレイクビール アンバースワンエール

株式会社天朝閣 瓢湖屋敷の杜ブルワリー
売り上げランキング : 211468

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新潟のSwan Lake Beerが造るアンバーエール。カラメル感と柑橘系ホップの香り、苦味のバランスが絶妙で満足感を得られるビール。ともすれば日本でトップクラスにおいしいのではないかとモスクワクラブは思っている。


Message

我々は9月30日に新しいアルバムを公にした。
アルバムタイトルである「outfit of the day」は、自らのファッションコーディネート写真を投稿した際に付けられるinstagramのハッシュタグ #ootd からの引用、というのが表向きの説明なのだが、とある情報筋によれば、自らのファッションコーディネート写真を投稿した際に付けられるinstagramのハッシュタグ #ootd からの引用、ということがこれまでに明らかとなっている。
7インチシングル~CDアルバムに至る、女の子が鏡の前でお洒落をし街に繰り出す、という連続した時間軸を洗練されたタッチで描く大橋美由紀氏のアートワークは我々のお気に入りだ。
ところで、音信不通の2年間を振り返ってみると、我々はバンド然としながら如何にしてJam & Lewis的なサウンドアプローチが可能かということに意識を幅寄せしつつ、Hall & OatesやNaked eyesのような味濃いめシンセポップと、或いはディスコしか聴いていなかったことに思い至れば、今回の作品は当然の帰結なのであろうか。
我々は何々の焼き直しと揶揄されようと一向に構わない。
むしろそれこそが最上の賛辞であることは疑いの余地が無いのである。況やPrefab Sproutをや。

モスクワスタッフより業務連絡です。

Instagramに #ootd と #möscowçlub のハッシュタグを付加して投稿してくださった方の中から抽選で、モスクワ当局よりプレゼントの贈呈を計画しております。
服・鞄・アクセサリーの平置きに我々のアルバムを添えた写真など「本日のコーディネート」風にポストいただけますと幸いです。また、お気に入りの1曲も挙げてくださると、メンバーが悦びます☆

当キャンペーン締め切り:11月末


Profile

Kazuro Matsubara、Mao Otake、Kazuya Torato、Yuma Horiuchiの4人から構成される東京を拠点としたバンド。
クラウドファンディングを成功させてのセルフリリースのLPリリース、2013年のAlpaca Sportsの来日公演で満員のオーディエンスにライブを披露し、
熱狂的なファンの支持を獲得した(メンバーのOtakeはミツメのメンバーとしても活動しているが、しかしmöscow çlubでの音楽アプローチは全く異なる)。


【リリース情報】

möscow çlub 『outfit of the day』
Release Date:2015.09.30 (Wed.)
Label:Fastcut Records
Cat.No.:FCRD-058
Price:¥2300 (+Tax)
Tracklist:
1. Band ofOutsiders
2. CELINE
3. Ivy League
4. MARGARET
5. outfit of the day
6. Tour de Moskow
7. SAINT LAUREN
8. CARVEN (Orchestral)
9. CARVEN
10. Loewe

■歌詞・対訳・解説付き(解説:浅見広樹)
■12P英詞ブックレット+6P和訳・解説インサート付き

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。