Pumarosa

Honey

Pumarosa / Honey
いよいよ来週末に開催が迫ったHCW! 初日の一番手を務める英国サイケの新鋭、Pumarosaをお見逃しなく……!

来週末開催の”Hostess Club Weekender”に出演する、サウス・ロンドンを拠点とする5人組、Pumarosa(ピューマローザ)の”Vevo dscvr”でのライブ映像をご紹介します。

2nd以降のThe HorrorsやDeerhunter、もしくはTame Impalaを想起させるような、直線的かつミニマルに反復するリズム隊の上で、ギターやシンセ、そして紅一点ボーカルのIsabelの歌唱といった上音が気持ちよく漂う本楽曲は、ソリッドなグルーヴ+サイケという、非常に今日的なサウンドを掻き鳴らしています。

今回紹介するこの”Vevo dscvr”でのライブ映像からもわかるとおり、インプロのような要素はあまりなく、ある程度の制限を自らに課し、その上でいかに気持ちよく泳ぐことができるのか、そういった点を追求しているような気がします。
是非ともライブではお酒を片手にゆらゆらと揺れながら楽しみたいですね。

なお、このライブ映像で披露されている「Honey」は今月3日にリリースされた日本独自盤デビュー盤『Pumarosa EP』収録の一曲。本作は昨年9月に配信/アナログ限定でリリースされた4曲に加え、ロンドンのShuraによる「Priestess」のリミックス、さらに初CD化となる「Original Sinna」、「Hatched and Cross Hatched」を収めた7曲入りの作品。

また、来週末の”Hostess Club Weekender”に向けて、バンドのドラマー・Nicholas Owenからコメントが届いております。


【リリース情報】

Pumarosa 『Pumarosa EP』
Release Date:2017.02.03 (Fri)
Label:Fiction / Hostess
Price:¥1,200 + Tax
Tracklist:
1. Priestess
2. Honey
3. Cecile
4. Sinking Heart – Demo
5. Priestess (Shura Remix) ※ボーナストラック
6. Original Sinna ※ボーナストラック
7. Hatched Cross Hatched ※ボーナストラック

※日本盤はボーナストラック3曲収録、ライナーノーツ付

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes