唾奇 × Sweet William

Let me feat. CHICO CARLITO

唾奇 × Sweet William / Let me feat. CHICO CARLITO
「Let me」新リミックスVer.のMVが公開! カラフルな色彩、そして軽快なビートに乗せて綴られるリリックに胸打たれます

3月4日(日)に開催した“SPIN.DISCOVERY Vol.06”にもglitsmotelとして出演してくれたラッパー・唾奇が、Sweet Williamとの連名アルバム『Jasmine』にも収録されていた「Let me」の新たなリミックスVer.のMVが公開されました。

元々はSweet Williamのミックス『Cosmic Pianiments Frasco』に収録されていたDam-Funkのビートジャック曲をリメイクした本楽曲。今回、唾奇が12インチ&CDでリリースした『道-TAO-』に収録されたリミックスでは、同郷のラッパー・CHICO CARLITOをフィーチャー。唾奇のフロウもよりタイトに自然体に。リリックも心なしか聞き取りやすくなり、風通しのいいビートとの相性も抜群。

一方CHICO CARLITOも軽快なビートにリズミカルに、かつナチュラルなフロウを乗せて応戦。唾奇のパンチライン「島に残るや/内地戻るわ/分岐する道/幸あれ」はそのままに、バッチリとハマっています。

なお、この曲は先述の“SPIN.DISCOVERY Vol.06”でも披露され、CHICO CARLITOがサプライズ出演し、会場を大きく湧かせました。

MVのディレクションを担当したのはもちろん〈PitchOddMansion〉主宰のShintaro Kunieda(國枝真太郎)。華やかな色彩のアニメーションが映像をポップに彩っています。

この「Let me Remix feat. Chico Carlito (prod.Sweet William)」が収録されている『道-TAO-』のタイトル・トラックも貼っておきます。“SPIN.DISCOVERY Vol.06”でのglitsmotelのライブはこの曲がラストでしたね。

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes