Rootscoaster Vol.61

HOLYCHILD

7/25(土)FUJI ROCKに出演するHOLYCHILDからRootsが到着!ステージを見る前に要チェック!

Apple WatchのCM曲「ランニング・ビハインド」で注目を浴びているHOLYCHILD。自らのジャンルをBRAT POPと称し一見ドPOPに思えるが、そこにはアイロニーが詰まった音楽を発信している。現在FUJI ROCK出演のため来日中のそんな彼らのルーツに迫った。彼らの世界観からは少し意外なチョイスかもしれない。このルーツとともにステージを見ればまた違った角度からライブを楽しめるに違いない!

(Text by Miho Kawazu)


Liz (Left)


1.TV on the Radio / DLZ

TV on the Radio は私の好きなバンドのひとつよ。ダンスを教えてたとき彼らの曲をよく使ってたわ!


2.Fiona Apple / Criminal

Fiona Apple (フィオナ・アップル)は私におおきなインスピレーションを与えてくれるの。


3.Buke and gase /Outt!

とにかく私は彼らが大好きなの!!!!


Louie (Right)


1.The Beatles / Come together

この曲を僕が初めて聞いたのは9歳のときで、この曲のメッセージ性も演出もすべてが僕の人生を変えたんだ。


2.RADIOHEAD/ all songs (全曲)

すべての曲が永遠に感激させ続けてくれる音楽であり、情熱的で刺激的な一生色あせない曲たちだよ。


3.theronious monk  / Monk’s Dream

Jazzの可能性を広げた完璧なモデルだね。


HOLYCHILD

HOLYCHILD (ホーリーチャイルド)は、リズ・ニスティコとルイス・ディラーの男女により2011年に結成された。彼らは同じワシントンD.C.の大学で出会ってからずっと一緒に曲を制作してきていて、自らの音楽ジャンルをブラット・ポップ(Brat Pop)と称している。キューバでドラミングを学んだディラーが作り出すワイルドなビートにリズが舌を出しながらチャーミングに歌いあげる。フェニックスやマムフォード&サンズ等が所属するUSの名門レーベル、Glassnoteと契約し、2013年にリリースしたシングル「Happy With Me」でHype Machineのチャート1位を獲得、Nylon Magazine は「ぶっ飛ばされる程中毒性がある」と絶賛した。ビルボードは「2014年に見るべき14アーティスト」にホーリーチャイルドを選出している。パッション・ピット等とアメリカ・ ツアーを周り、ニューヨークのMOMAでもライブを行っている。

facebooktwitterinstagram/youtube/website

holychild

holychild2

『The Shape Of Brat Pop To Come(ザ・シェイプ・オブ・ブラット・ポップ・トゥ・カム)』

HOLYCHILD(ホーリーチャイルド)
Now On Sale
Glassnote / Hostess.

 

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。

RANKING