pavilion xool

U U

pavilion xool / U U
東京在住の若きプロデューサーが早くも新曲をリリース! これまでのフューチャー・ファンク路線とは異なる、新たな一面が

東京在住の若きトラックメイカー/プロデューサー・pavilion xool(パビリオン・クール)が本日11月1日(水)に新曲「U U」をリリースしました。

10月13日(金)にリリースしたデビューEP『stick around』も局地的に話題となっていましたが、それから一ヶ月にも満たない期間でのリリースとなった本楽曲は、これまでのサンプリング主体の(ように思える)、2012年〜2013年頃のフューチャー・ファンクを強く想起させるようなサウンドとは若干毛色の違うナンバー。

〈Moving Castle〉(動く城)〜〈Soulection〉辺りともリンクするような、フューチャー・ビーツ以降のセンスを感じさせる音使いに、緩急を効かせた展開、構成は明らかにネクスト・ステップへと上がったことを感じさせてくれます。

なお、来年頭には待望のアルバム・リリースも予定しているとのことで、今後もその動向をチェックしていきたいと思います……!


【リリース情報】

pavilion xool 『U U』
Release Date:2017.11.01 (Wed.)
Label:Tugboat Records Inc.
Cat.No.:TUGR-046
Tracklist:
1. U U

==

pavilion xool 『stick around』
Release Data:2017.10.13 (Fri.)
Label:Tugboat Records Inc.
Cat.No.:TUGR-041
Tracklist:
1. 80 TEEX
2. ytfi
3. glass streeeeet
4. at 2pm
5. Yo, you dig it?
6. at 2am
7. drowning in watercolor
8. weexted

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes

RANKING