Obey City

Waterbed (ft Anthony Flammia)

Obey City / Waterbed (ft Anthony Flammia)
きっとこれが最新型のソウル・ミュージック。Seihoとの共演&スプリットEPも記憶に新しいNYのプロデューサーによる新曲!

NYはブルックリンを拠点としながら自身のレーベルであるAstronautiを運営しつつ、グラスゴーのLuckyMeとも契約しているトラックメイカー/プロデューサー、Obey City(オベイ・シティー)が2/23にリリースした『Merlot Sounds EP』よりリード・トラックとなる「Waterbed ft Anthony Flammia」のMVを公開しました!

昨年Seihoなどと共にジャパン・ツアーを敢行し、SeihoとのスプリットEP『Shochu Sounds』を大阪のレーベルPerfect Touchよりリリースしたことも記憶に新しい彼ですが、単独でのリリースは2013年に同じくLuckyMeからリリースした『Champagne Sounds』ぶり。

Champagne(シャンパン)→ Shochu(焼酎)→ Merlot(赤ワイン用の葡萄)ときてるわけですね。洒落てます。

ボーカルに招いたNYのSSW、Anthony Flammiaが歌い上げるメロウな歌メロを前面に押し出したアーバンな雰囲気全開の一曲。
Hudson MohawkeRustieなど、LuckyMe界隈のクリエイターたちが牽引する新世代ビート・ミュージック・シーンからの投げられた、ポップスとしても機能する最良の選択の一つと言えそうな出来栄え。

前述した2013年リリースの前作『Champagne Sound』から、彼の代表曲にして超名曲も張っておきます。

ちなみに、『Merlot EP』には以前紹介したKelelaも参加しております。

==

Obey City 『Merlot Sound』

Release Date:2015/2/23
Label:LuckyMe

1. With Grace We Go
2. Waterbed (feat. Anthony Flammia)
3. The Motion Blurs
4. Chante (feat. 1OAK & Erick Arc Elliott)
5. Cloud Lust
6. Airy (feat. Kelela)

==

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

情報時代の野蛮人です 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes

RANKING