小袋成彬率いる〈Tokyo Recordings〉がロンドンで新レーベル始動 第1弾リリースはインドネシアのpxzvc

昨年メジャー・デビュー・アルバム『分離派の夏』をリリースし、大いに注目を集めた小袋成彬(OBKR)とYaffleが率いる〈Tokyo Recordings〉が、拠点をロンドンに移し新レーベルを設立。〈ASEVER〉と名付けられた同レーベルから、第1号アーティストとして、本日2月22日(金)にインドネシアのビートーメイカー・pxzvcがシングル「Verre d’eau」をリリースした。

Tokyo Recordings

pxzvcはインドネシア在住、22歳のビートメイカー。ポスト・ヴェイパーウェーヴとも称されるサウンドをアジアの片隅から生み出し続ける次世代の注目アーティストで、昨年発表された楽曲「Bad Idea (feat.Shiloh Dynasty)」は、YouTubeとSoundCloudを中心に同楽曲を使用した様々なコンテンツが大量にポストされるインターネット・ミームとなり、およそ半年間でSpotify上で750万再生以上を記録した。

今回のリリースは昨年小袋がジャカルタを訪れた際に2人が邂逅し、意気投合したことによって実現したという。先行シングルとなる本作「Verre d’eau」に続き、来月3月22日(金)にはEP『A fragrance of a bitter taste』のリリースも予定されている。

新レーベル〈ASEVER〉とpxzvcの今後の展開にも注目したい。


【リリース情報】

pxzvc 『Verred’eau』
Release Date:2019.02.22 (Fri.)
Label:ASEVER
Tracklist:
1. Verred’eau

■pxzvc:Twitter / Instagram / SoundCloud