ソニー自社一貫生産アナログ・レコードの第一弾として、Billy Joelと大滝詠一作品がリリース

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)が、同社のグループ会社でありディスク製造工場である株式会社ソニーDADCジャパン(以下DADJ)において、アナログ・レコード用のスタンパー製造設備を導入したことを発表した。

これにより、およそ29年ぶりにカッティング・マスター制作からスタンパー製造、そしてプレスにおよぶアナログ・レコードの生産工程を全てソニーミュージックグループ内にて一貫で行うことが可能となり、アナログ・レコード自社生産復活第1弾として、洋楽はBilly Joel『ニューヨーク52番街(52nd Street)』が、邦楽は『EIICHI OHTAKI Song Book Ⅲ 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』が3月21日(水)にリリースされることが明らかになった。

『ニューヨーク52番街』は、1978年10月に発表された通算6枚目のスタジオ・アルバムで、今年は記念すべきリリース40周年にあたる。本作は、1982年に世界初の商業用CDソフトとして当時のCBS・ソニー静岡工場(現DADJ)にて生産され、同年10月1日に発売された(当時のCD品番は35DP-1)ことも広く知られている。

奇しくも今年はBillyが1973年にCBS(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)より『Piano Man』でデビューを果たしてから45周年にあたる。そんな記念すべき年にリリース40周年を迎えるメモリアルな作品が、世界初のCDソフトとして生産されたのと同じ製造工場で、自社一貫生産アナログ盤の洋楽第一弾として復活するということになる。名盤は時代を超えて、そして形を変えて生き続けることに。

ラッカー盤カッティングマシン(於:ソニー・ミュージックスタジオ)


マスター音源を入力してカッティング用の針を振動させることで、ラッカー盤に溝を彫る=“カッティング”を行う。

スタンパー製造用メッキ設備(於:DADJ 大井川工場)


溝が彫られたラッカー盤にメッキを施すことで、凸凹が逆に転写された超精密金型“スタンパー”を制作する。

アナログレコード用のプレス機(於:DADJ 大井川工場)


熱で柔らかくした塩化ビニールをスタンパーでプレスすることにより、塩化ビニールの表面に凹盤を移し、アナログレコード盤が完成する。


【リリース情報】

Billy Joel 『ニューヨーク52番街(原題:52nd Street)』
Release Date:2018.03.21 (Wed.)
Price:¥3,800 +Tax
Cat.No.:SIJP1000
Tracklist:
A1. ビッグ・ショット
A2. オネスティ
A3. マイ・ライフ
A4. ザンジバル
B1. 恋の切れ味(スティレット)
B2. ロザリンダの瞳
B3. 自由への半マイル
B4. アンティル・ザ・ナイト
B5. ニューヨーク52番街

※1978年作品
※収録内容:全9曲、LP1枚組
※プロデュース:フィル・ラモーン

【本商品のポイント】

①ソニー・ミュージック自社一貫生産アナログレコード、復活第一弾(洋楽)!
②ジャケット外装(A式ジャケット)、レーベル面、内袋はUSオリジナル初版を可能な限り忠実に再現
④日本盤初発売時のLP帯を復刻
⑤日本盤初発売時のインナースリーヴ(ライナーノーツほか)を復刻
⑥歌詞・対訳・新規ライナーノーツ掲載
⑦「買ったレコードを、スマホで今すぐカンタン再生♪」出来るプレイパス対応