文化施設閉鎖に向けた助成金求める署名「SaveOurSpace」20万人突破 明日13時より記者会見も

3月27日(金)にスタートした新型コロナウイルス感染拡大防止のため、文化施設閉鎖に向けた助成金交付を求める署名「SaveOurSpace」が当初予定としていた10万人を大きく超え、開始から20万人を突破したことが発表された。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府による自粛要請を受け、現在経営の危機に瀕している文化施設。「SaveOurSpace」が求める助成には、施設の維持費、従業員の給与、イベントの製作経費(出演料、音響、照明)などが含まれている。また、新型コロナウイルスの影響でこれまでに中止にした公演に関しては、実損額を提示し、同額の助成を求めるという。

現在公表されているだけでも坂本龍一、後藤正文、常田大希を始めとした著名ミュージシャンや、ライブハウス/クラブを運営、従事している方々が賛同者として名前を連ねている本署名。また、受付期間を当初の予定よりも伸ばし、明日3月31日(火)13時までとしたほか、同日時よりDOMMUNEにて記者会見を実施。発起人でもある篠田ミル、スガナミユウ(LIVE HAUS)、Mars89、そしてLicaxxxの4名が登壇を予定している。

■SaveOurSpace:Twitter