落語と音楽の融合『さくらくご』 藤原さくら、新作『SUPERMARKET』試聴会ダイジェスト公開

Photo by 田中聖太郎

藤原さくらが10月21日(水)にリリースする3rdアルバム『SUPERMARKET』の全曲を聴くことができる先行試聴会ならぬ、先行試聴“寄席”『さくらくご』を10月17日(土)に生配信にて実施。同企画のオフィシャル・レポートが到着した。


会場は東京・浅草にある、昭和24年に開業した歴史ある「浅草フランス座演芸場東洋館」より行われた。開始時間の21時過ぎになると舞台の幕が開け、出囃子「だんじり」とともに落語家・春風亭昇々が登場。軽快なまくらが冒頭にあり、藤原さくらにまつわる新作落語とも言える噺がはじまった。久しぶりの再会を喜ぶ昇々と、どこか塩対応な藤原の掛け合いで笑いを誘う。突然、黒子の藤原さくらが舞台下手に登場。メクリ台の『さくらくご』をめくるとアルバム1曲目を表記した「スーパーグッド」が書かれてあった。実は、めくりに書かれたアルバム収録楽曲のタイトルは全て藤原の直筆によるものだ。そして、レコード・プレイヤーにアナログ盤をセットし針を落とすとアルバム『SUPERTMARKET』の試聴がスタートした。


1曲目の「Super good」が流れ出すと楽屋の風景に切り替わり、視聴者には新曲を試聴しながら、映像だけ昇々と黒子の藤原が楽屋でリラックスした様子が映し出された。スケッチ・ブックで“絵しりとりバトル”など生配信中のチャットも更に盛り上がりをみせた。メクリ台も楽屋に持ち込まれ、曲が進むたびに黒子の藤原がめくっていく。そして、レコードA面「marionette」が終わると、高座の春風亭昇々に画が切り替わり落語・第二部がはじまった。噺はアルバム『SUPERMARKET』のレコーディングの噺に展開。さらにB面がスタートし、再び楽屋でのゆったり映像に変わる。曲の感想などチャットに反応しながらも、相変わらず二人の息の合った掛け合いが伝わってくる。すると、真打昇進を機に結婚を発表した昇々を藤原がサプライズでお祝いする一幕もあった。そして、B面最後の「楽園」が終わり、全13曲の試聴が終わると再び昇々の落語・第三部が始まり、『SUPERMARKET』の噺はエンディングへ。ラストのサゲで締めくくられると、黒子の藤原も舞台に登場。最後は昇々の追い出し太鼓で『さくらくご』の配信は終幕した。


そして、この映像のダイジェスト版が本日より、10月21日(水)の23:59まで期間限定で公開されているので、生配信を見逃した方はぜひチェックして欲しい。


【リリース情報】

藤原さくら 『SUPERMARKET』
Release Date:2020.10.21 (Wed.)
Label:Victor Entertainment
Tracklist:
1.Super good
2.Ami
3.Waver
4.生活
5.コンクール
6.marionette
7.Right and light
8.Monster
9.spell on me
10.ゆめのなか
11.BPM
12.Twilight
13.楽園

●参加アレンジャー & プロデューサー
Ovall
関口シンゴ(Ovall)
mabanua(Ovall)
冨田恵一(冨田ラボ)
VaVa
澤部渡(スカート)
YAGI & RYOTA(SPECIAL OTHERS)

※順不同

●参加ミュージシャン
Shingo Suzuki(Ovall)
Michael Kaneko
須田洋次郎(ミツメ)
猪爪東風(ayU tokiO)
渡辺将人(COME BACK MY DAUGHTERS)
松下マサナオ(Yasei Collective)、
中西道彦(Yasei Collective)
斎藤拓郎(Yasei Collective)
別所和洋
秋田ゴールドマン(SOIL & “PIMP” SESSIONS)
H ZETT M(H ZETTRIO)
高桑圭(Curly Giraffe)
小林創
手島大輔(BimBomBam楽団)
大内満春(GENTLE FOREST JAZZBAND)
佐瀬悠輔(GENTLE FOREST JAZZBAND)
佐久間裕太
岩崎なおみ
佐藤優介
シマダボーイ
Meg
Hanah Spring
沖メイ

※順不同

藤原さくら オフィシャル・サイト