「PayNOAH」が新型コロナウイルスによって興行をキャンセルするアーティストを無償サポート

補助金前払いサービス「PayNOAH」が、新型コロナウイルスの感染拡大によって興行をキャンセルするアーティストに対するサポートを開始した。

興行のキャンセルにかかる費用を振替開催までの期間、無償で前払いし、アーティストの負担を軽減することによりイベント延期の決断を支援。一刻も早い新型コロナウイルスの収束に貢献できるよう努めるという。

本サポートは、新型コロナウイルスを原因とし、2019年2月15日以降のイベントがキャンセルになったアーティスト/イベンター/プロモーターで、下記諸条件を満たした方が対象となる。将来行う振替イベントで発生する売上予想金額を、ペイノアの基準で審査し、興行キャンセルでかかった費用の一部~最大全額を無償(手数料0円)で支給。無償サポートを受けた対象者は、後日振替日程でイベントが開催されたタイミングで、前払いした費用を支払う必要がある。

お申し込みはやその他詳細は「PayNOAH」オフィシャル・サイトからご確認を。受付期間は3月31日(火)を予定しているが、新型コロナウイルスの収束状況を踏まえて延長を検討するとのこと。

■「PayNOAH」支援条件
・イベントがキャンセルになった経緯を書面で証明が可能な方
・キャンセルに至るまでの券売状況等を書面で証明が可能な方
・キャンセルによって発生した費用(人件費も含む)を書面で証明が可能な方
・次回振替イベントの開催を、 PayNOAH主催とし、 イベント会場と契約締結できる方
・過去開催したイベントの集客情報を提出できる方

※臨時対応のため、「内容」欄に新型コロナウイルス対応の支援希望である旨をご記入ください。

PayNOAH オフィシャル・サイト