Noel Gallagher’s High Flying Birds、3作目となる新作を11月に日本先行リリース

元OasisのNoel Gallagherによるソロ・プロジェクト、Noel Gallagher’s High Flying Birdsの3rdアルバム『Who Built The Moon?』が11月22日(水)に日本先行リリースされることが発表された。

2015年3月に発表され、Noel Gallagher自身がプロデュースを手掛けた前作『Chasing Yesterday』(全英1位/オリコン洋楽チャート1位)以来となる新作では、テクノ/エレクトロニック界の大御所DJ/トラックメイカーであり、映画『Ocean’s(オーシャンズ)』シリーズ(11/12/13)などのハリウッド映画のサントラでも知られるDavid Holmes(デビッド・ホルムス)がプロデューサーを務めている。

本国レーベルのプレス・リリースによると、ベルファストとロンドンで制作された新作本編となる11曲は「フレンチ・サイケデリック・ポップ、クラシック・エレクトロから、ソウル、ロック、ダンスまで、洗練されたアドベンチャー」がサウンドに凝縮されているという。David Holmesは「(新作を聴いたら)人々は驚くことだろう。(過去の)Noel Gallagherの曲の多くはミッド・テンポだが、この作品はかなりおもしろいことになっている」と述べ、英音楽誌NMEは「Noel Gallagherにとって過去は決して異国さながらにはならないが、この地点から見る明日はすこぶる薔薇色である」と絶賛。そしてNoel Gallagher自身は「俺はヤバイぐらい天才だ」と大いなる自信を滲ませている。

新作には、英ロック界を代表するJohnny Marr(ジョニー・マー)、そしてPaul Weller(ポール・ウェラー)も参加。世界共通のボーナス・トラックとなるアコースティック曲に加え、日本盤CDにはさらにもう一曲が追加され、計13曲が収録される。さらに日本では独自企画となるDVD付きの初回限定デラックス盤も同時発売となる。iTunesでは本日よりアルバムの予約注文もスタートしている。

2018年にはワールド・ツアーも予定されており、本国イギリスでは4月から5月にかけて、マンチェスターやウェンブリーを含むアリーナ公演が本日発表され、早くも新作への期待が大いに高まっている。


【リリース情報】

Noel Gallagher’s High Flying Birds 『Who Built The Moon?』
Release Date:2017.11.22 (Wed.) ※日本先行発売
Label:Sony Music
・初回生産限定盤(CD+DVD):¥3400 + Tax、ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス仕様
・通常盤(1CD):¥2200 + Tax、紙ジャケット仕様
Tracklist:
01. Fort Knox
02. Holy Mountain
03. Keep On Reaching
04. It’s A Beautiful World
05. She Taught Me How To Fly
06. Be Careful What You Wish For
07. Black & White Sunshine
08. Interlude (Wednesday Part 1)
09. If Love Is The Law
10. The Man Who Built The Moon
11. End Credits (Wednesday Part 2)
12. Dead In The Water (Live at RTE 2FM Studios, Dublin) ※ボーナス・トラック
13. God Help Us All ※日本盤CDボーナス・トラック

■iTunes 予約リンク:https://itunes.apple.com/jp/album/id1282896072?at=10lpgB&ct=4547366333640_al&app=itunes

※国内盤CD(全13曲):国内盤ボーナス・トラック収録(初回限定盤・通常盤共通)、歌詞・対訳・解説付

■Noel Gallagher’s High Flying Birds 日本公式サイト:http://www.sonymusic.co.jp/noel

■海外公式サイト:http://www.noelgallagher.com/