二階堂和美が手掛けたスタジオジブリ作品『となりのおにぎり君』テーマ・ソングが公開 フリーDLも可能

二階堂和美が手掛けた『となりのおにぎり君』のテーマ・ソングが本日公開された。

『となりのおにぎり君』は昨年、原作兼プロデューサーにスタジオジブリの代表取締役プロデューサーである鈴木敏夫、また多くのスタジオジブリ作品に参加されている近藤勝也の構成・作画によって作られたアニメーション作品。その『となりのおにぎり君』のテーマソングを、SSWの二階堂和美が作詞作曲・歌唱で全面プロデュース。本日より『となりのおにぎり君』オフィシャル・サイトと、伊藤園 × TABLE FOR TWOのタイアップ企画”お~いお茶 おにぎりアクション”のサイト内にて公開となっている。

本楽曲には二階堂が常に絶大な信頼をおいているガンジー(コントラバス)と黒瀬みどり(ピアノ)、そして日本の音楽シーンに多大な影響を与え続けている芳垣安洋(ドラム)と高良久美子(マリンバ)らが参加。楽しくも温かな音を作り出している。また、総勢60人の子供たちによるコーラスもキャラクターや動画のイメージを盛り上げている。

『となりのおにぎり君』オフィシャル・サイトには、二階堂が楽曲制作に込めた想いがインタビュー形式で掲載されている他、「子供たちがみんなで歌ってくれたら嬉しい」という二階堂の想いから、「となりのおにぎり君のうた」の楽曲と楽譜がそれぞれフリー・ダウンロードできるようになっている。

さらに、本日10月5日(木)よりスタートしている、伊藤園×TABLE FOR TWOによる2おにぎりアクション2017″のタイアップ企画としてもこの動画が起用。
“おにぎりアクション”は「日本の食を通じて、世界の子どもたちに食を届ける」というコンセプトの基に、国連が定めた10月16日「世界食料デー」(世界中の人が食べ物や食料問題について考える日)を記念して、TABLE FOR TWO(開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活
習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動)が昨年から実施しているグローバル・キャンペーン。

おにぎりの写真をハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけてSNSに投稿すると、1投稿につき100円(給食5食分)が、協賛企業から寄付される。その中で、伊藤園とTABLE FOR TWOがタイアップする”お~いお茶 おにぎりアクション”は、お~いお茶とおにぎりの写真だけでなく、本
日公開となった『となりのおにぎり君』のダンス動画をお~いお茶とおにぎりとともに撮影し、ハッシュタグ「#OnigiriAction#おーいお茶」をつけてSNSに投稿すると、アフリカ・アジアの子供たちに温かい給食10食分が寄付されるというもの。投稿の詳細、条件などは”お~い
お茶 おにぎりアクション”特設サイトをチェックしてほしい。

なお、二階堂和美 × スタジオジブリ × 伊藤園がタッグを組み制作した「となりのおにぎり君のうた」は、今後も別バージョンでの動画がUP予定とのこと。

■『となりのおにぎり君』オフィシャル・サイト:https://www.itoen.co.jp/tonarinoonigirikun/

■『お~いお茶 おにぎりアクション』特設サイト:http://itoen.co.jp/tfto1710

■二階堂和美 オフィシャル・サイト:http://www.nikaidokazumi.net