MIRRROR、初のアナログ・レコード発売を記念したリリパを開催 Monkey Timers、Taro Imaiら出演

TakumiとMeiからなる男女2人組ユニット、MIRRROR(ミラー)が6月1日(金)にリリースする初のアナログ・レコード『what it was』を記念し、同日には東京・表参道にて“MIRRROR what it was analog 12” Release Party”が開催される。

MIRRRORはカリフォルニア州ベイエリア育ち、現在東京で活動中の日系アメリカ人2人からなるユニット。2018年に結成し、今年2月に1st EP『what it was』を配信リリース。収録曲がSpotifyの急上昇チャートにランクインし、JMSNの初来日ライブのオープニング・アクトにも抜擢されるなど、早耳リスナーを中心に話題を集めている。

本作は、先述のEPにD.A.N.のフロントマン・櫻木大悟のよるリミックス、「never fall in love (Daigo Sakrai remix)」を収録したアナログ作品。さらに、音質にもこだわった45回転、ドイツ・プレス盤のこだわり仕様となっている。

イベントにはMIRRRORはもちろん、Monkey Timers、Taro Imai、TF1000、Ryota Ishii (Sound Sports)らも出演。加えて、当日レコードを購入した方を対象としたサイン会も予定している。


【イベント情報】

MIRRROR what it was analog 12” Release Party
日時:2019年6月1日(土) OPEN / START 18:00
会場:東京・表参道WALL&WALL
料金:ADV ¥2000 (1D代別途) 
出演:
MIRRROR
MONKEY TIMERS
TARO IMAI
TF1000
RYOTA ISHII (SOUND SPORTS)

チケット(livepocket)

イベント詳細


【リリース情報】

MIRRROR 『what it was』
Reelase Date:2019.06.01 (Fri.)
Label:Spincoaster/lawson E
Cat.No.:HRLP161
Tracklist:
01. ice cold
02. 35
03. celsius
04. shed
05. console
06. never fall in love
07. never fall in love (Daigo Sakrai remix)