「lute」にてサブミッション・プログラム『lute selection』スタート アートワークはAI・りんなが担当

音楽動画メディア「lute」にてサブミッション・プログラム『lute selection』がスタートした。

『lute selection』は人のつくる音楽とAIクリエイションがコラボレーションする実験的なサブミッション・プログラム。アーティストから直接提案(サブミット)された音楽に、マイクロソフトが開発したAIであり、Frascoのクリエイティブ・チーム「Team Frasco」の一員でもあるりんながAI生成した描画がアートワークとして融合。YouTubeチャンネル上で公開される。

先行公開されたGOiTO feat.Toddy,I’m「夜がはじまる」のアートワークは、歌詞の<黒に溶け込んだ 消えゆく音色>という言葉からりんなが描画をAI生成した。

りんなは200人以上の画家の作品から学習しており、画風も様々だという。人間のアーティストの紡ぎ出した言葉から、人工知能による思いも寄らない独創的なアートワークが生み出される可能性を秘めている。

■lute:Instagram / Twitter / YouTube