LIBRO、98年リリースの1stアルバムにして日本語ラップのクラシック『胎動』が初アナログ化

ラッパー/プロデューサー・LIBROが1998年にリリースした1stアルバム『胎動』が初アナログ化。1月19日(水)にリリースされることが発表された。

日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタートさせ、ラップ、トラックメイク双方を手がけるスタイルでデビュー。2022年にはデビュー25周年を迎えるキャリアを誇りながら、今でもマイペースな活動を続け、コンスタントに作品をリリースしているLIBRO。9月には最新アルバム『なおらい』を発表したほか、自身のレーベルから8作品がストリーミング解禁されたことでも大きな話題を呼んだ。

今作『胎動』はタイトル曲「胎動」を筆頭に「雨降りの月曜」、「対話 feat. Momoe Shimano a.k.a. MOE’T」などの名曲を多数収録した日本語ラップ・クラシックな1枚。今回、帯付きの完全限定生産でLPリリースされる。

LIBRO


【リリース情報】

LIBRO 『胎動』
Release Date:2022.01.19 (Wed.)
Label:P-VINE, Inc.
Cat.No.:PLP-7769
Price:¥3,500 + Tax
Tracklist:
A1. イントロ
A2. 胎動
A3. ガイドライン
A4. 雨降りの月曜
A5. 対話 feat. Momoe Shimano a.k.a. MOE’T
B1. リブロ工房
B2. Doytena 2000 feat. Ark, KEMUMAKI, DOBINSKI
B3. 胎動 Remix (DJ TONK Remix)
B4. 対話 Remix feat. Momoe Shimano a.k.a. MOE’T (DJ KIYO Remix)
B5. アウトロ

※LP(帯付仕様/完全限定生産)

■LIBRO:Twitter / SoundCloud