Kiyo a.k.a. Nakid、客演にIKE迎えた1stシングル「Take it easy」リリース トラックは簾ンデゲオチェロ

「Low Culture × Local culture」をコンセプトに、都内から音楽、映像、イベントなど様々なカルチャーを発信するクルー・〈LowCulTokyo〉より、Kiyo a.k.a. Nakidが1stシングル「Take it easy feat. IKE」を3月5日(金)にリリースした。

ロックとヒップホップに影響を受け音楽活動をし、現在は都内を中心にラッパーとしての活動やパーティ・クリエイターとしても東京のシーンに関わるKiyo a.k.a. Nakid。今作は“世知辛い世の中に自信とグッドバイブスを”広げるために制作した楽曲だという。

客演には同じ〈LowCulTokyo〉からIKEが参加。いつもとは雰囲気の異なるメロディアスなフックを歌い上げ、開放感溢れたビートはAbleton PUSHを駆使しコンテンポラリーかつ遊び心のあるトラックが特徴なSudare Ndegeocello(簾ンデゲオチェロ)が担当している。カバー・アートワークはNYでの個展を成功させ、THE YELLOW MONKEY25周年記念グッズも手がけた細密画家、unomoriによるもの。

IKE

unomori


【リリース情報】

Kiyo a.k.a. Nakid 『Take it easy feat. IKE』
Release Date:2021.03.05 (Fri.)
Label:LOWCULTOKYORECORDS
Tracklist:
1. Take it easy feat. IKE

■Kiyo a.k.a. Nakid:Twitter / Instagram