キミノオルフェ、女優・宮下かな子が踊る「マイナー調のBGMがいい曲に聞こえた」MV公開

2016年2月6日に活動停止したバンド、蟲ふるう夜にのボーカルを務めていた蟻によるソロ・プロジェクト、キミノオルフェが6月4日(月)にリリースする『君が息を吸い、僕がそれを吐いて』より、本日5月16日にリリースされた先行シングル「マイナー調のBGMがいい曲に聞こえた」のMVが公開された。

これまで同様、蟻が監督・編集を手がけた本MVは、「ビタミン炭酸MATCH」のCMや映画『曇天に笑う』などに出演する宮下かな子が主役を務めている。出演決定後、宮下かな子がバレエやチアリーディングをやっていたという経歴を聞いた蟻が、急遽ダンス・シーンを軸に物語を組み立てとのこと。練習時間が実質1日しかない中、MVでは圧巻のダンスを披露している。振付はAwesome City Clubやましのみの振付も手がけたOMUが担当している。

なお、MV撮影地であるSpincoaster Music Barにて、5月31日(木)にはアルバム『君が息を吸い、僕がそれを吐いて』の先行試聴会が開催される。
当日はアルバム全10曲を試聴した後、蟻のトークセッションも実施されるとのこと。


【蟻 コメント】

毎日、必死に日々を過ごし、ふと横を見たら同級生は自分とは正反対の場所にいるのに充実してそうで、「自分の生き方はこれで合っていたのか」、なんて考えさせられることはありませんか?
このMVは「僕は僕でしか埋まらない」という歌詞を軸に、とにかく意思の強さを感じる映像にしました。自分で選んだ生き方に「どうにか大丈夫」と言えるように。
主演の宮下かな子さんの女性らしい格好良さが作品を締めてくれたと思います。


【宮下かな子 コメント】

社会の常識や価値観に捉われて窮屈な世界を生きる私達へ、この曲は踏み出す勇気を与えてくれます。撮影では久しぶりにダンスを踊り、表現する楽しさを知った原点に戻ることができました。自分で選んだ道を信じ進み続けていこうと、演じた女性と同じく、私自身も励まされました。
このMVが、観て下さった方の心に寄り添い、踏み出す一歩の力となりますように。


【イベント情報】

1stアルバム『君が息を吸い、僕がそれを吐いて』先行試聴会
日時:2018年5月31日(木) Open 19:00 / Start 20:00
会場:南新宿/代々木 Spincoaster Music Bar

■チケット:https://kiminoorphee-first-album.peatix.com/


【リリース情報】

キミノオルフェ 『君が息を吸い、僕がそれを吐いて』
Release Date:2018.06.04 (Wed.)
Tracklist:
1. 君が息を吸い僕がそれを吐いて廻せこの星を
2. 蜃気楼
3. マイナー調のBGMがいい曲に聞こえた
4. uncommon
5. 光速スピードシューター
6. バックパック
7. air
8. 星の王子さま
9. 虫ピン
10. おやすみまた明日

※デジタル・リリース

■キミノオルフェ オフィシャル・サイト:https://www.kiminoorphee.com/