次世代プロデューサー・hushlush、sheidAを迎えた新曲「Be Alright」本日〈Suppage Distribution〉よりリリース

東京出身の次世代プロデューサー、hushlushが新曲「Be Alright」を本日3月3日(水)にリリースした。

16歳の時にMadeonやPorter Robinsonなどから影響を受け、エレクトロニック・ミュージックの制作を開始したというhushlush。その後札幌へ拠点を移し、雪国の美しい自然環境からインスピレーションを受け、独自のチル・エレクトロニックな制作スタイルを確立。2019年にはシングル「Away」と「Here We Are」を発表。昨年はアイルランド出身のSSW・Lydia Fordとのコラボ・シングル「Brooklyn」に加え、Laura Ribeiroとのコラボ・シングル「Changes」をリリース。Spotifyの『New Music Wednesday』を含む複数の公式プレイリストへのピックアップから、人気海外メディアからのサポートも受けている。

SIRUPやChocoholicなど所属する〈Suppage Records〉傘下のディストリビューション・レーベル〈Suppage Distribution〉からのリリースとなる本作は、ラッパーのMIYACHIや☆Taku Takahashi(m-flo)などとのコラボでも注目を集めるLA出身のSSW、sheidAを迎えた1曲。誰もが感じる自分自身との葛藤と向き合い、背中を押してくれるような気持ちが綴った、オルタナティブなR&Bナンバーとなっている。

hushlush

sheidA


【リリース情報】

husulush × sheidA 『Be Alright』
Release Date:2021.03.03 (Wed.)
Label:Suppage Distribution
Tracklist:
1. Be Alright

■hushlush:Twitter / Instagram

■sheidA:Instagram / Twitter / SoundCloud