Four Tet、およそ4年半ぶりの来日公演を4月に開催

Four Tetのおよそ4年半ぶりの来日公演が4月に開催されることが発表された。

Four Tetは1997年、ポストロック・バンド、FridgeのギタリストとしてデビューしたKieran Hebdenによるソロ・プロジェクト。これまでに〈Domino〉や自身が主宰する〈Text〉などから現在までに通算9枚のスタジオ・アルバムを発表しているほか、Radioheadのリミックスを手がけたり、中東ではお馴染みの民族舞踏・ダブケをダンス・ミュージックに昇華させたシリアのスーパースター、Omar Souleymanのプロデュースを手がけるなど、多岐に渡り精力的に活動をしている。

2014年11月30日〜12月1日に開催された“Hostess Club Weekender”ぶりの来日となる今回は、単独ライブ公演とDJセットでの公演が予定されており、それぞれの詳細は近日各主催者より発表とのことなので、引き続き続報を待ちたい。

なお、Four Tetは昨年9月に日本先行で新作『New Energy』をリリースしている。


【リリース情報】

Fourtet_CD_Wallet_FIN_Japan_Outer[/caption]
Four Tet 『New Energy』
Release Date:2017.09.27 (Wed.)
Label:Text / Hostess
Cat.No.:HSE-6526
Price:¥2,400 + Tax
Tracklist:
1. Alap
2. Two Thousand and Seventeen
3. LA Trance
4. Tremper
5. Lush
6. Scientists
7. Falls 2
8. You Are Loved
9. SW9 9SL
10. 10 Midi
11. Memories
12. Daughter
13. Gentle Soul
14. Planet

※日本先行販売

RANKING