関西発の次世代シンガー・FLEUR、およそ2 年ぶりとなる新曲「Route161」リリース決定

京都出身のシンガー、FLEURが新曲「Route161」を3月31日(水)にリリースすることが発表された。

2019年発表の1st EP『FLEUR』や、〈Suppage Records〉傘下の〈Suppage Distribution〉からの3月12日(金)にリリースされたSala「Bossa feat. FLEUR,熊井吾郎」でも注目を集めたFLEUR。

およそ2年ぶりの自主リリースとなる今作は、美化された過去をテーマに制作。どこか懐かしさを感じさせるトラックに、スムースな歌声を乗せて感情のもつれを綴った軽快なナンバーだという。プロデュースにはFLEURのライブ・サポートなどもこなすKKJが参加し、アートワークは独特な世界観を軸に持ちながらも、表現の幅も広く様々なイラストを手がけるKUREINOが担当している。


【リリース情報】

FLEUR 『Route161』
Release Date:2021.03.31 (Wed.)
Tracklist:
1. Route161

Written by FLEUR, KKJ (Juicy Hip Apartment)
Sound Produced by KKJ (Juicy Hip Apartment)
Rec,Mix Mas : Shogen (UNI-Qreatives)
Artwork by KUREINO (Chilly Source)

■FLEUR:Instagram / Twitter