“epistroph session”にMELRAWが登場 TENDREとの共同レコ発東京公演に吉田沙良、Ryohuのゲスト出演も

昨年12月にWONKなどを擁する気鋭のレーベル、〈epistroph〉からソロ・プロジェクト、MELRAW名義で『Pilgrim』をリリースしたサックスプレイヤーの安藤康平。WONKのサポート・メンバーとしても知られる彼が、同レーベル監修の“epistroph session”に登場。『Pilgrim』ではウッド・ベースを担当したジャズ・ベーシストの古木佳祐、STMWLLことWONKの井上幹と共に、今回のセッションのために書き下ろした新曲を披露した。

サックスのみならずフルート/ギター/シンセサイザー/MPCなどを縦横無尽に操るマルチ・インストゥルメンタリストとしても注目を集める安藤は、今回のセッション動画においてもギター、シンセサイザー、サックス、そしてEWIを介したボコーダーまでも披露している。
井上はゲーム・コントローラーなども駆使しながらソリッドなビートを生み出し、盟友古木も時にはシンセサイザー、キーボードも使い分けながらインプロビゼーショナルなベースで華を添えている。

また、MELRAWは3月11日(日)に東京のO-nest、3月22日(木)には大阪のCONPASSにて、Yogee New WavesやKANDYTOWNなどのレコーディングにも参加し、Ryohuのプロデュースも務めるなど、こちらもマルチな活躍をする河原太朗のソロ・プロジェクト=TENDREとの共同レコ発が控えている。
早くもソールドアウトとなった東京公演には『Pilgrim』でフィーチャーしたものんくるの吉田沙良とRyohuがゲスト出演することも発表。残る大阪公演でも、TENDREとMELRAW、ふたりのマルチプレイヤーがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか期待が高まる。


【イベント情報】

“TENDRE × MELRAW”
日時:2018年3月11日(日) Open 18:00 / Start 19:00
会場:渋谷O-NEST
料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500(共にドリンク代別) ※SOLD OUT!!

日時:2018年3月22日(木) Open 18:30 / Start 19:00
会場:CONPASS
料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (共にドリンク代別)

チケット:http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1801663&rlsCd=001

■TENDRE オフィシャル・サイト:http://kawaharataro.com

■MELRAW オフィシャル・サイト:http://www.epistroph.tokyo/melraw

RANKING