Clairo、新曲「Just For Today」をInstagramにて発表 「私のメンタルヘルスは大きく落ち込んでいます」

1998年生まれの若きSSW、Clairoが新曲「Just For Today」をInstagramにて発表した。

2017年、学生寮にいる間にセルフ・プロデュースした楽曲「Pretty Girl」のMVがネット上を中心に大きなバズを獲得。2019年には初の来日公演も開催し1stアルバム『Immunity』もリリースしたClairo。今年はCarole King、The Strokes、Norah Jonesのカバーを発表、またPhoebe Bridgerのレーベル〈Saddest Factory〉と契約したClaudらと組んだバンド・Shellyとして楽曲発表を行ってきた。

本楽曲は自身のパーソナルな体験を綴った1曲。Clairo本人は「隔離が始まって以来、私のメンタルヘルスは大きく落ち込んでいます。時々、これまでになかったほど気分が悪くなります。新しい薬、ホットライン、そして後で精神科医との予定された約束があり、私はようやく、また自分らしくなれた気がします」とコメントしています。

Clairo オフィシャル・サイト